NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月14日【テクノロジー】

マツダ、広島でコネクティビティ技術活用の移動サービス実験

NEXT MOBILITY編集部

 

マツダは、広島県三次市で地域住民並びに、広島県及び三次市の行政機関と連携し、コネクティビティ技術を活用した移動サービス実証実験を開始した。

 

ライドシェアを見据えた今回の移動サービスの実証実験を通して、地域の活性化とその地域において、安心・安全で自由に移動することが可能な、心豊かな暮らしにつながる社会貢献モデルの構築を目指すとしている。

 

マツダ・ロゴ

 

昨今、中山間地域における公共交通の空白化などにより、高齢者や身体の不自由な人を中心に、移動手段の不足が社会問題になっている。

 

マツダでは、このような社会問題に対して、クルマとコネクティビティ技術を活用することで、地域住民が助け合うコミュニティや、参加する地域内外のドライバー、そこで生まれる人と人とのつながりを創出していきたいとしている。

 

移動サービス実証実験において、今回マツダは、地域移動サービスで用いる運行管理システムと、利用者用アプリの開発を担当。

 

住民運営の地域移動サービスの省力化に加え、アプリのコンテンツ充実により住民参加を促し、地域の活性化につながる様々な付加価値を創出。

 

また、実証実験で得られたデータを蓄積し、次世代コネクティビティ技術や自動運転技術と組み合わせたライドシェアサービスの開発を目指すとしている。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。