NEXT MOBILITY

MENU

2021年2月22日【イベント】

スバル、新型BRZ GT300参戦車のシェイクダウン披露

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

スバルは2月22日、富士スピードウェイにて2021年のSUPER GT シリーズに参戦する新型SUBARU BRZ GT300のシェイクダウンお披露目を行なった。

SUBARU・ロゴ

車体には、これまで同様ブルー基調のカラーリングながら、ブラックのスペースを効果的に加え、

さらにSTIブランドを象徴するチェリーレッドのラインが目を引く。

 

 

ブリーフィングでは、STIの平岡泰雄社長が挨拶。2021年のSUBARUモータースポーツの概要を紹介した。メインとなるSUPER GTでは、新型BRZ GT300を投入し、シリーズチャンピオンを目指すと力強く宣言。

 

しかし、昨年拡大するコロナ禍により参戦を中止することになったニュルブルクリンク24時間レースへの出場は、2021年も一旦見送りとするという発表があった。平岡社長は、「今後参戦が叶う状況になり次第、改めて検討いたします」と含みを持たせている。

 

 

 

全日本ラリー選手権については、2021年もSUBARU WRX STIで出場する新井敏弘氏、昨年史上最年少でチャンピオンとなった新井大輝氏、鎌田卓麻氏を引き続き支援し、全国のSUBARU特約販売会社のメカニックを各チームに参加させるプログラムを実行。また、TOYOTA GAZOO RACING 86/BRZレースには、これまで同様CGロボットレーシングチームからSUBARU BRZで出場する2020年のチャンピオン久保凜太郎氏、手塚祐弥氏をサポートする。

 

また平岡社長は、最後に付け加える形で、「将来のモータースポーツ電動化に向けた取り組み」について「具体的な施策については語れることはまだない」、としながらも、「来るべきモータースポーツ電動化の時代を迎えても、STIらしさを失わず、ファンとのコミュニケーションを大切にすることは不変です」、と語った。準備は着々と進んでいる、とも話す。

 

 

続いて新型SUBARU BRZ GT300の車両概要について、2021年シーズンからSUPER GTプログラムの総監督となるSTIの小澤正弘氏は、「ニューマシンは、これまで築いたBRZ GT300の競争力をベースに、正常進化を遂げたマシンです。パワーユニットの性能についてはこれまで同様ですが、課題だった燃費向上を目指して日々努力しています。新型BRZ同様のノーズ部分、ダックテール部分はレースカーにおいても空力的に良い効果をもたらせてくれそうです。その他、コクピットの操作性の改善などにも相当のこだわりを持って仕上げました。昨年見せたような速さと粘り強い走りで、シリーズチャンピオン獲得を目指したい」と語った。

 

また、ドライバーの井口卓人氏は、「僕たちドライバーが最も感じていることは、今年のBRZはとにかくカッコいい。ファンの皆様の期待は大きいと思いますが、それにきちんと応えていきたいし、良い成績を上げてファンの皆様と一緒に喜び合いたいです」とコメント。山内英輝氏は、「残念ながら去年は1勝もできなかったですが、今年は新しいマシンを得て、チャンピオンが取れるようがんばります。ニュル参戦が一旦見送りとなりましたが、多くのファンの皆さんが待ち望んでいることなので、なんらかの理由で参戦できるようにならないかと祈っています」と語った。

 

また、昨年はSUPER GTレースの多くが無観客で実施され、その他のファンイベントも多くがキャンセルとなって活躍の場が少なかったSUBARU BRZ GT GALSの「BREEZE」のメンバー4名が登場し、挨拶した。メンバーの津田知美氏、あやきいく氏、平野杏梨氏は続投、新メンバーとして須藤セリナ氏が加わった。

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。