NEXT MOBILITY

MENU

2021年10月24日【イベント】

TGR嵯峨/中山組、SUPER GT第6戦で今季初勝利

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山 友貴、金曽 裕人監督、嵯峨 宏紀

 

 

TOYOTA GAZOO Racingは10月24日、SUPER GT第6戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」GT300クラスで、嵯峨/中山友貴組プリウスが今季初勝利したことを発表した。

TOYOTA-GAZOO-Racing・ロゴ

SUPER GT第6戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」が10月23日(土)、24日(日)の両日、大分県のオートポリスで開催。オートポリスは、昨シーズンは新型コロナウイルスの影響でSUPER GTは行われなかったため、2年ぶりの開催となった。

 

全8戦で争われている2021年シーズンのSUPER GTも今大会を含め残すところ3戦。次戦第7戦はサクセスウェイトが半減、そして最終戦はサクセスウェイトなしで戦われるため、今大会が最大のサクセスウェイトを搭載しての戦いとなる。

 

GT500クラスのKeePer TOM’S GR Supra 37号車のシーズンエントリードライバーとして登録されていたものの、これまで新型コロナウイルス感染防止対策により入国できずにいたサッシャ・フェネストラズがついに入国を果たし、今季初出場。これに伴い、ここまでの5戦、フェネストラズに代わって37号車をドライブしてきた阪口晴南は、本来のGT300クラスの96号車をドライブした。

 

 

 

 

■予選
23日(土)はやや風が強く肌寒いものの好天に恵まれ、午前中の公式練習走行で赤旗が多発したことによる遅延で予定よりも15分遅れの午後1時55分、気温14度、路面温度26度というコンディションでノックアウト方式の予選が行われた。

 

GT300クラスは、台数が多いためQ1を2グループに分けて実施。A組では中山裕貴がアタックした31号車がトップタイムをマーク。織戸学のTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 30号車が2番手で続き、2台のプリウスがQ2へと進出。ジュリアーノ・アレジがアタックを担当したarto RC F GT3 35号車は惜しくも9番手。第3戦で初勝利を挙げ、100kgのサクセスウェイトを積むたかのこの湯 GR Supra GT 244号車は三宅淳詞のアタックもタイムが伸びず13番手に終わった。

 

B組では66kg、87kgとそれぞれサクセスウェイトの重い埼玉トヨペットGB GR Supra GT 52号車とSYNTIUM LMcorsa GR Supra GT 60号車が川合孝汰、河野駿佑のアタックで2,3番手と速さを見せた。そして今季初めて96号車を駆る阪口晴南も5番手タイムをマークしQ2進出を決めた。

 

Q2では、31号車を駆る嵯峨がコースレコードを更新する見事な走りで、2020年の第3戦鈴鹿以来となるポールポジションを獲得。吉田広樹の52号車が3番手。新田の96号車が5番手、吉本大樹の60号車が6番手、永井宏明の30号車が14番手グリッドから決勝レースのスタートを切ることとなった。

 

 

3番手グリッドを獲得した埼玉トヨペットGB GR Supra GT 52号車(吉田 広樹/川合 孝汰)

 

 

■決勝
24日(日)はやや肌寒く感じられる曇り空の下、気温16度、路面温度19度というコンディションで午後1時30分より65周で争われる決勝レースのスタートが切られた。

 

GT300クラスでは、ポールポジションからスタートした中山裕貴の31号車がポジションをキープ。2度にわたるセーフティカー導入によりマージンは帳消しになったものの、ドライバー交代後も、全車がピットを終えると首位に復帰した。その後方には、新田がスタートを担当した96号車が、こちらも好ピット判断で阪口晴南へと交代後、2位にポジションアップ。吉田へと交代した52号車が4位で続く形となった。

 

首位に立った嵯峨の31号車は、ハイペースで後続を引き離し独走。2位の96号車は、今季初めて96号車を駆る阪口晴南が健闘を見せ、中盤は後続からの猛追を受けるもこれを凌ぎきって2位をキープ。その後方では、52号車が激しい3位争いを終盤まで繰り広げた。

 

31号車は、最後はややペースを抑えながらも2位に10秒以上の大差をつけ、ポール・トゥ・ウィンで今季初勝利。31号車としての勝利は2016年菅生大会以来5年ぶり。ベース車両をプリウスPHVにチェンジしてから初の勝利となった。

 

そして96号車が2位で続き、今季初の表彰台を獲得。52号車は猛追叶わず、コンマ3秒差で表彰台を逃し4位でフィニッシュした。

 

 

TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 31号車(嵯峨 宏紀/中山 友貴)

K-tunes RC F GT3 96号車(新田 守男/阪口 晴南)

 

 

■SUPER GT 2021年 第6戦 オートポリス 決勝結果:GT300

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。