NEXT MOBILITY

MENU

2018年11月6日【テクノロジー】

ヤマハ発、3輪バイクのプロトタイプをミラノで出展

NEXT MOBILITY編集部

 

ヤマハ発動機は、イタリアのミラノで開催されるオートバイの国際見本市「EICMA(ミラノショー 一般公開:11月8日〜11日)」に、300cm3水冷エンジンを搭載するLMW(※1)コミューターのプロトモデル「3CT」を出展する。

ヤマハ発動機・ロゴ

ヤマハ発動機では、中期経営計画で掲げた成長戦略の一つとして、「ひろがるモビリティの世界」を推進。LMWをその中核を担う技術の一つとし、「TRICITY125」(2014年発売)を皮切りに、高速道路の走行(※2)が可能な「TRICITY155」(2017年発売)、845cm3エンジンを搭載したLMW初の大型スポーツモデル「NIKEN」(2018年発売)と、ラインナップを広げて来た。

 

「3CT」は、そのLMW機構を搭載したスポーツコミューターのプロトモデル。旋回時の安定感をはじめとするLMWの特長と、300cm3エンジンの組み合わせで、スポーティかつ快適な平日のコミューティング、週末のファンライディングを提案すると云う。

 

EICMA・HP

EICMA・HP

 

また、「3CT」の他にも、689cm3並列2気筒エンジンを軽量ダブルクレードルフレームに搭載したアドベンチャーモデルの「Ténéré700」、サイドケースやヒートグリップなどの各種装備を搭載し、長距離走行の快適性をより高めた「NIKEN GT」等も出展される。

 

 

※1)LMW:Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称。

※2:日本の高速道路では、125ccを超える二輪車の走行が可能。

 

 

■EICMA 2018(イタリア語、英語):https://www.eicma.it/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。