NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月14日【テクノロジー】

日産、NAIASでEVコンセプトカーを世界初公開

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

日産自動車は、米国・デトロイトで1月14日(月)から開催されている2019年北米国際自動車ショー(NAIAS:North American International Auto Show/デトロイトモーターショー)で、独創的なパッケージやパワートレイン技術を採用し、将来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現した電気自動車(EV)のコンセプトカー「Nissan IMs」を世界で初公開した。

 

 

 

 

「Nissan IMs」は、「2+1+2」の独自のシートレイアウトを採用。回転式のフロントシートと小型アウトボードシートを両サイドに備えた「プレミア」リアセンターシートを装備している。

 

また、フロントとリアに高性能モーターを採用し、115kWhの大容量バッテリーを搭載したパワートレインは、360kWの出力と800Nmのトルクを発生。一充電あたりの走行距離380マイル(約611km)を実現。

 

加えて、前後モーターによる4輪駆動システムや、路面の状況と運転モードに合わせて乗り心地とハンドリングを調整できるエアサスペンションも搭載していると云う。

 

日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサ氏は、「EV技術や自動運転技術の革新により、デザイナーは従来の乗用車に求められたプラットフォームやパッケージングのあり方に捉われることなく、まったく新しいスタイルのクルマを創り出すことができるようになりました。『Nissan IMs』はセダンのデザインと機能をあらたな次元へと高めています」と語っている。

 

 

 

 

[Nissan IMsの特長]

 

<エクステリア>

 

「Nissan IMs」のエクステリアデザインは、未来志向のハイテクタッチと、日本伝統の職人技を融合し、 シンプルな縦横のラインで構成。長いホイールベースとウエストライン、特徴的なAピラーやリアウィンドウなど、個性的かつシンプルなシルエットとした。

 

 

 

 

アルバイサ氏は、「日産の歴史と伝統を振り返ると、初代『ムラーノ』や『Z』 などは、どれもシンプルなシルエットであることに改めて気が付きました。シンプルなデザインは、おのずと高級感を高めます。例えば、直線的でシンプルなトランクラインは、それ自身が高級感を生み出しているのです」 とコメントしている。

 

また、フロントに日産のデザインランゲージの「Vモーション」を採用。その他、日本伝統の「麻の葉」柄からインスピレーションを得た幾何学模様が、ルーフのスモークガラス表面やホイール、内装などに随所に取り入れられている。

 

更に、自動運転モードでの走行中は、ヘッドライトとリアのイルミネーションライトがブルーに変わり、前後それぞれのイルミネーションの中央が点滅。歩行者や周囲のドライバーに自動走行中であることをアピールする。

 

 

 

 

 

<インテリア>

 

インテリアの特徴となる「2+1+2」の独自のシートレイアウトは、後席の中心に「プレミア」シートを、その両側に小型アウトボードシートを配置。アウトボードシートの背もたれは倒すことでアームレストになり、座席中央の背もたれをリクライニングしたり、オットマンを使用することもできる。

 

また、自動運転時には、ステアリングを格納、フロントシートを内側に15度程度回転させ、後部座席と会話のしやすい配置にすることができると云う。

 

 

 

 

デザインについては、シンプルなエクステリアと対照的に、日本の職人技によるモダン家屋を想わせるハイテク+個性的な印象を演出。

 

例えば、月面探査機や屏風からヒントを得た計器パネルやドアトリムの形状や、月光と影を表現した暗色のファブリックに光の筋をあしらったデザインなどが採用されている。

 

また、落ちついたムードの素材とカラーの周囲にライトを配置することで、インテリアに躍動感を与えていると云う。

 

 

 

 

<グラフィックユーザーインターフェイス>

 

グラフィックユーザーインターフェイス(GUI)は、スイッチとコントロールの数を最小限に抑えるなど、シンプルなデザインに。

 

4枚の小型スクリーンから構成される横長の薄型パネルで情報を水平方向に配置することで目の動きを最小限に抑え、ドライバーの負担を軽減。

 

また、運転席正面に配置した二層式メーターは、一層目に重要な情報のみを表示し、二層目には必要に応じてその他の情報を表示する。

 

車内に設置されたセンシングプラットフォームは、センサーとカメラの情報を使ってドライバーの状態をモニター。例えば、何らかの理由でドライバーがクルマを制御できなくなった場合には、センシングプラットフォームがその状態を感知して、クルマを安全な場所に停止させる。

 

 

 

 

<バーチャルリアリティ>

 

「Nissan IMs」には、CES2019で発表した「Invisible-to-Visible(I2V)」技術も搭載。仮想世界と繋がることでサービスやコミュニケーションの可能性を広げる。また、例えばアバターが車内に現れるなどし、人間のようなインタラクティブな方法で運転をサポートすると云う。

 

 

[主要諸元]

 

– 全長:4845mm
– 全幅(ドアミラー除く):1900mm
– 全高:1500mm
– ホイールベース:2900mm

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。