NEXT MOBILITY

MENU

2019年3月13日【テクノロジー】

住友電工、米アクアンティアと自動車用高速通信製品の開発へ

NEXT MOBILITY編集部

住友電気工業は、米国のシリコンバレーに拠点を置くAquantia社と、自動運転を見据えたマルチギガビット・イーサネットシステムに関する製品開発に向けた協業を開始した。

 

Aquantia社は、データセンターや企業のITインフラ、アクセス系・自動車市場における高速通信用のイーサネット接続の開発やマーケティング事業を行っている。

 

両社は、次のステージの自動運転実現に向けた車載ネットワークを目標に、住友電工の車載コネクタやケーブルと、Aquantia社が開発を進める車載マルチギガビット・イーサネットチップを搭載した車載システムを開発する。

 

今後、普及が進む自動運転に向けて、住友電工とAquantia社は、新製品の開発強化を加速するとともに、グローバルな顧客に向けた提案を進め、グローバル市場におけるマーケットシェアの拡大を目指すとしている。

 

 

Aquantia社のホームページ

Aquantia社のホームページ

 

 

今回の協業について、住友電工常務執行役員の柿井俊昭氏は以下のように話している。

 

「住友電工の製品にAquantia社のマルチギガビット技術が組み合わさることで、当社の製品は自動運転システムの確立に大きく貢献するものになるでしょう。

 

マルチギガビット通信を活用した車載ネットワークは、ドライバーや乗員、その他すべての交通参加者に最高レベルの安全性を提供します。

 

自動運転は車内で膨大なデータ通信を必要としますが、住友電工とAquantia社の協業によって実現する車載ネットワークは、自動車メーカーが考える安全で楽しいドライブ体験に寄与することでしょう」。

 

 

また、Aquantia社の会長兼CEOのFaraj Aalaei氏は、以下のように話している。

 

「自動車部品のTier1サプライヤーとして長きにわたって技術革新を重ね、世界中で素晴らしい経験を培ってきた住友電工との協業を光栄に思います。

 

私達のパートナーシップは、将来の自動運転車の普及に不可欠な車載ネットワークやプラットフォームを提供する上で非常に重要なものとなります。

 

住友電工とAquantia社は、車の神経系ともいえる車載ネットワークにおいて、完全な自動運転やスマートコックピットを実現するために欠かせない車載ネットワークを提供することで、自動運転を一段階上のレベルへと導くでしょう。また今回のパートナーシップにより、Aquantia社と自動車メーカーとの距離は飛躍的に縮まることになるでしょう」。

 

 

■Aquantia Corp.(英語):https://www.aquantia.com/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。