NEXT MOBILITY

MENU

2019年3月5日【アフター市場】

椿本チエイン、EV・PHEVのV2X対応充放電装置を改良

NEXT MOBILITY編集部

椿本チエインは、電気自動車(EV、PHEV:以下EV)の急速充電コネクタを通じて、EVと公共施設やビル、工場などの電力網を双方向につなぐV2X対応充放電装置を改良した、新型の「eLINK」を開発した。

 

新型では、バーチャルパワープラント(VPP:仮想発電所)のリソースでの活用を考慮し、機能拡充を図ったと云う。

椿本チエイン・ロゴ

椿本チエインは、2013年に「eLINK」を発売。停電時の非常用電源や平常時のピークカットに使うV2B対応充放電装置として、公共施設を中心に活用されている。

 

新型「eLINK」は、 SiC双方向インバータを採用し電力変換を高性能化し、さらに、装置本体とタッチパネル画面のデザイン一新により、屋外での視認性や操作性を向上。

 

EMS(建物のエネルギーマネジメントシステム)との豊富な接続実績や、EVをVPPリソースとして活用する国内初の実証実験への参画など、これまでの経験・ノウハウを組み込んだ製品となっているとのことだ。

 

 

※V2X:「Vehicle-to-Everything」の略。蓄電池を持つ自動車(Vehicle)と住宅(V2H)、ビル(V2B)、電力網(V2G)などの間で電力の相互供給を行うこと。これらの総称として「V2X」と呼ぶ。
※SiC:小型化・低消費電力化・高効率化が可能な次世代パワー素子。
※新商品は、椿本チエイン独自で設定したエコ評価基準をクリアした商品。

 

 

[新型eLINKの概要]

 

<特長>

 

・EVをVPPリソースとして電力調整に活用、「高応答」「高精度」な充放電が制御できる。

・通信インターフェイスとして、新たにECHONETLiteに対応。また、産業向けのModbusTCPにも対応(予定)し、モニタリング(見える化)およびリモート操作が行える。

・適用システムに応じたIoTゲートウェイ、電力計測器、カード読取器などを組み込める。

・タッチパネル画面でのユーザー認証にも対応可能(オプション対応)。

 

<仕様>

 

– 給電:

・ 電圧:単相3線AC202V 周波数:50/60Hz
・ 出力:5kW (力率1.0時) ※非常用電源では系統から切り離す

– 充電:

・ 電池電圧:DC150~450V

・ 出力:4.5 kW(直流)

– 通信:ECHONETLite、ModbusTCP(対応予定)など

– 外形寸法:400(W)×1500(H)×300(D) mm

– 質量:114kg

– その他:

・V2Hガイドライン2.1およびECHONETLite認証を取得。
・主なV2X対応車両:LEAF e+、LEAF(日産自動車)、OUTLANDER PHEV、i-MiEV(三菱自動車工業)

※車種ごとの接続性は確認中

 

<用途>

 

・EVの大容量バッテリの充放電を電力調整に活用する、VPPリソースやピークカット。
・EVに蓄えた電力を活用する災害時などの非常用電源。

 

<納入実績>

 

「V2Gアグリゲーター事業」実証事業に採用

(詳細:http://www.tsubakimoto.jp/company/press/2018/11/07/1/

 

<価格・納期>

 

都度見積

 

 

※ECHONETLite:各機器がシステム内で相互接続し、エネルギーマネジメントなどのサービスを実現するための通信仕様。

 

 

[問い合わせ先]

 

開発・技術センター PCSビジネス担当(担当:植平・朝田)
メール:eLINK@gr.tsubakimoto.co.jp

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

onda