NEXT MOBILITY

MENU

2019年10月7日【テクノロジー】

豊田自動織機、東京モーターショー2019の出展概要

NEXT MOBILITY編集部

 

 

豊田自動織機は、10月24日から11月4日まで、東京ビッグサイト及びお台場周辺エリアで開催(一般公開は10月25日から)される「第46回東京モーターショー2019」の出展概要を発表した。

 

今回の出展では、同社の自動車関連事業の製品を「圧縮技術」と「電動車の電源活用」というテーマに分けて展示する。

豊田自動織機・ロゴ

[展示概要]

 

■圧縮技術

 

エンジン車からHV・PHV・FCVを含む電動車まで、パワートレインが多様化するなか、力強く、ときに楽しく走るため、また車内空間の快適さのため、クルマにはさまざまな圧縮技術が採用されている。

 

このクルマの圧縮技術という観点から、ターボチャージャーを組み合わせて省燃費と高出力を両立させた環境にやさしいエンジンや、世界トップシェア(※1)のカーエアコン用コンプレッサー、FCVの発電に必要な空気を吸引・圧縮して発電装置に送る酸素供給エアコンプレッサーなどを展示し、それら製品のしくみや役割を紹介する。

 

■電動車の電源活用

 

東日本大震災の際、クルマが停電時の携帯電話充電や暖房機器などの電源として使用されたのを機に、クルマのバッテリーから取り出した直流電力を家庭用の交流電力に変換し、非常時電源として活用する取り組みに注目が集まっている。

 

今回の出展では、HVやPHVなどの電動車を6台接続して高出力の電力をエレベーターなどの設備に供給する「ACインバーター結合器」や、FCバスなどの大電力供給能力を活用する「外部給電器(V2L/※2)」など、開発中の製品を含めた電源活用技術を紹介する。

 

 

また、以上2つのテーマに加え、現在注目が集まっている自動運転技術に関連し、豊田自動織機が開発を進める産業車両の自動運転や自律搬送、ロボティクス技術を紹介。未来の物流の一端を披露する。

 

 

※1:豊田自動織機調べ
※2:Vehicle to Load の略。HV・PHV・EV・FCVの蓄電能力や発電能力を活用して電気機器に電力供給を行うしくみ、装置。

 

 

[展示製品一覧]

 

<圧縮技術>

 

1. GDエンジン
2. GDエンジン用可変ノズルターボチャージャー
3. 電動過給機
4. 斜板式コンプレッサー 10SRE13
5. 片側斜板式コンプレッサー 6SES14
6. ベーン式コンプレッサー
7. 電動スクロール式コンプレッサー ESBG27
8. 酸素供給エアコンプレッサー
9. 水素循環ポンプ

 

<電動車の電源利用>

 

10. ACインバーター1.5kW
11. ACインバーター結合器【参考出品】
12. EV・PHV充放電スタンド(V2H)
13. 外部給電器(V2L)
14. 通信機能付充電スタンドEVC2(親機)、EVCS1(子機)
15. 中速充電スタンド【参考出品】
16. 車載充電器
17. DC-DCコンバーター
18. トラック用DC-DCコンバーター

 

 

[プレスブリーフィング]

 

豊田自動織機では、10月24日(木)10時00分~10時15分に同社ブース(西4ホール、小間番号W4203)において、プレスブリーフィングを実施する。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。