NEXT MOBILITY

MENU

2021年1月13日【新型車】

ポルシェジャパン、ボクスターに25周年のアニバーサリーモデル

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ポルシェジャパンは1月13日、ボクスターファミリーのデビュー25周年スペシャルアニバーサリーモデル「ボクスター25イヤーズ(Boxster 25 Years)」の予約受注を同日より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始すると発表した。

 

 

ポルシェ・ロゴ

 

 

全世界で1,250台限定となるこの特別なモデルは、GTS 4.0モデルをベースにしており、最高出力294kW(400PS)を発生する4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。1993年のデトロイトモーターショーでオープントップ2シーターにサクセスストーリーをもたらした「ボクスター コンセプトカー」から数多くのデザイン特徴を引き継いでいる。1996年にコンセプトカーの外観をほとんど変更せずに発売された市販車はこれまでに357,000台以上を生産し、現行モデルはその第4世代となる。

 

 

 

 

 

このスペシャルモデルの最も印象的な特徴のひとつが、再解釈されたカラーのネオジムだ。これは、銅のようなきらめく茶色で、1993年に登場したコンセプトモデルがまとったGTシルバー メタリックに刺激的なコントラストを生んでいる。スペシャルモデルでは、フロントエプロン、モノバー付サイドエアインテーク、レタリング、ツートンカラーの20インチ軽合金製ホイールにこのカラーが使用されている。標準仕様のボクスター25イヤーズはGTシルバー メタリックだが、オプションでジェットブラックメタリックとキャララホワイトメタリックも用意されている。エクスクルーシブ デザインによる“Porsche”ロゴの際立つフューエルフィラーキャップがもうひとつの特徴的な要素で、スポーツエグゾーストシステムのハイグロステールパイプと同様にアルミニウムルックが輝きを放ち、フロントウインドウサラウンドはコントラストカラーのブラックで仕上げられている。

 

スペシャルモデルは、歴史的なオリジナルのスタイルに合わせて、ボルドーレッドのレザー インテリアとレッドのファブリックコンバーチブルトップを組み合わせている。コンバーチブルトップには、“Boxster 25”ロゴがブラックでエンボス加工されている。また、アルミニウム インテリア パッケージ、14way電動調節機能付スポーツシート、“Boxster 25”ロゴ付ドアエントリーガード、およびレザー仕上げヒーテッドGTマルチファンクションスポーツステアリングホイールも標準装備される。これは、拡張されたニューモデルの標準装備のほんの一部に過ぎない。

 

 

 

 

 

エンジンは、718ボクスターGTS 4.0の4.0リッター水平対向6気筒エンジンで、より高出力を誇る純粋主義モデル、718スパイダーにも採用されている。優れたレスポンス、抜群の出力供給、そして豊かなサウンドを備えた最高出力294 kW(400 PS)を発生する高回転数自然吸気エンジンだ。6速マニュアルトランスミッションまたは7速ポルシェ デュアルクラッチトランスミッション(PDK)を備えたボクスター25の0-100km/h加速タイムは4秒をマークし(PDKトランスミッションと標準装備のスポーツクロノ パッケージを組み合わせた場合)、最高速度は293km/hに達する。車高を10mm低く設定するポルシェ アクティブサスペンションマネジメント(PASM)スポーツサスペンションや、機械式リミテッドスリップデファレンシャルとポルシェ トルクベクトリング(PTV)も標準装備に含まれ、素晴らしい走行快適性とスポーティーでダイナミックなハンドリングを結びつけている。

 

 

■25周年を記念するボクスターファミリー
ポルシェに1990年代半ばの困難な経済状況を脱する道を切り開き、モデル戦略の方向転換を示したボクスターは、ポルシェにとって非常に特別な意味を持っている。初の水冷式水平対向6気筒エンジンと、俊敏なミッドシップエンジンロードスターとともにデビューしたインテリジェントなキャリーオーバーパーツコンセプトにもそれが反映されている。

 

外見に関しても、よく知られたブランドの特徴が取り入れられた。デトロイトモーターショーに展示されたボクスターコンセプトカーの外観は、伝説の550スパイダーと718 RS 60スパイダーレーシングカーのイメージを想起させた。魅力的な価格の2シーターは、当初から新しい若い顧客の心を捉えていた。

 

2016年1月には、現在の982世代ポルシェ718ボクスターがデビュー。4気筒ターボエンジンと強化されたデザインで新しい道を開拓した。2.0リッターエンジンは220kW(300PS)を発生し、可変タービンジオメトリー ターボチャージャーを備えた2.5リッター水平対向エンジンは257kW(350PS)を発生する。そのすぐ後に269kW(365PS)のボクスターGTSが続いた。

 

2019年半ばにラインナップのトップに躍り出たボクスタースパイダーのニューエディションは、ハードトップスポーツフラッグシップモデルの718ケイマンGT4と309kW(420PS)の4.0リッターエンジンを共有。この6気筒ミッドシップエンジンは、2020年以来、294kW(400PS)の718ボクスターGTS 4.0にも駆動力を提供している。

 

 

■ボクスター25イヤーズ 希望小売価格(消費税込み)
・6速マニュアル:¥12,260,000
・7速PDK :¥12,812,000

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。