NEXT MOBILITY

MENU

2020年1月10日【新型車】

トヨタ自動車、新型車GRヤリスを初公開

NEXT MOBILITY編集部

TOYOTA GAZOO Racing・ロゴ

トヨタ自動車は、東京オートサロン2020(*1)で、FIA世界ラリー選手権(以下、WRC)ホモロゲーション(*2)モデルの新型車「GRヤリス」を世界初公開した。

 

GRヤリスは、2020年夏頃の販売を予定。特別仕様車のRZ“First Edition”と“High-performance・First Edition”を設定し、先行予約の受付を1月10日(金)10:00から6月30日(火)までの約6ヶ月間、Web限定(*3)で実施(*4)する。なお、First Editionに関する具体的な商談は、事前予約者に対してのみ行われる。

 

車両本体価格は、特別仕様車 RZ“First Edition”が396万円(税込)、RZ“High-performance・First Edition”が456万円(税込)となる予定。

 

 

 

 

GRヤリスは、WRCに学び、そしてWRCで勝つためTMR(Tommi Makinen Racing/*5)とともに一から開発を行った、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」のオリジナルモデル。

 

TNGA(*6)思想に基づくスポーツ4WDプラットフォームを採用し、WRCからのフィードバックを踏まえたバランスの取れた高剛性ボディに加え、前後のサスペンションジオメトリを最適化。

 

アッパーボディには、アルミ素材のエンジンフード、トランクリッド及びドアパネルに加え、形状自由度の高いSMC(*7)工法で成形されたCFRP(*8)素材のルーフパネルを採用。3ドアキャビンとすることで、軽量化と優れた空力性能を目指している。

 

 

 

 

パワーユニットの一つとなる、新開発の1.6L直列3気筒直噴ターボエンジンは、TNGAエンジンの高速燃焼コンセプトに加え、軽量な運動部品採用によるエンジンの高回転化、ターボチャージャーなど吸排気系の最適化により、3気筒エンジンとして世界最高レベル(*9)の出力200kW(272PS)とワイドなトルクレンジを発揮。

 

 

 

 

6速マニュアルトランスミッション(iMT/*10)、スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」と組み合わせ、前後駆動力配分の自由度を拡大することで、より卓越した走行安定性を実現したと云う。

 

 

 

 

生産については、数々のスポーツモデルを造り込んだ元町工場の専用ラインを使用して、「匠」の技能を有する従業員による組み立てを計画。

 

先行予約限定モデルとなる、特別仕様車 RZ“First Edition”は、RZグレードをベースに、マットブラック塗装を施したラジエターグリル、フロントサイドディフューザー、リヤスポイラー及びリヤバンパーを特別装備。

 

特別仕様車 RZ“High-performance・First Edition”は、RZグレードをベースに、より限界性能を高めた“High-performance”の装備(*11)に加え、RZ“First Edition”の特別装備とともにマットブラック塗装のBBS製鍛造アルミホイールも備えた仕様となっている。

 

 

 

 

*1:2020年1月10日から12日の3日間、幕張メッセ(千葉市)で開催されるカスタマイズカーイベント。

*2:FIA(国際自動車連盟)のレース出場に必要な型式認定。WRCにおいてホモロゲーションを取得するにはベースとなるモデルが連続した12ヶ月間に25,000台以上という生産台数が必要。

*3:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/

*4:先行予約時にはデポジット(申込金)が必要。予約者には特典も用意される。

*5:トミ・マキネンが創業。TOYOTA GAZOO Racing WRT(World Rally Team)において、車両開発と実戦オペレーションを担う。

*6)TNGA(Toyota New Global Architecture)トヨタが、基本性能や商品力の飛躍的な向上を、良品廉価の考えのもと、技術・営業・調達・生産技術など各領域が一体で取り組んでいる活動。

*7)SMC:Sheet Molding Compound。

*8)CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastic。

*9:2020年1月時点。トヨタ調べ。

*10)iMT:intelligent Manual Transmission。

*11:トルセンLSD(リミット・スリップ・デフ)、冷却スプレー機能付空冷インタークーラーやBBS製鍛造アルミホイールなど。

 

 

[特別仕様車 RZ“High-performance・First Edition”主要諸元(トヨタ測定値)]

 

– 全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm):3,995×1,805×1,460
– ホイールベース(mm):2,558
– 車両重量(kg):1,280
– 乗車定員(人):4
– エンジン:直列3気筒DOHC直噴ターボチャージャー

・型式:G16E-GTS
・排気量(cc):1,618
・最高出力(kW[PS]):200[272]
・最大トルク(N・m[kgf・m]):370[37.7]

– トランスミッション:iMT(6速マニュアルトランスミッション)

・駆動方式:4WD
・差動装置:スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”

トルセンLSD×2(フロント、リヤ)+電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル/4WDモードダイヤルスイッチ(NORMAL/SPORT/TRACK)

– サスペンション(フロント/リヤ):マクファーソンストラット式/ダブルウィッシュボーン式

– ブレーキ(フロント/リヤ):ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク

– タイヤ(フロント/リヤ):225/40ZR18/225/40ZR18

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。