NEXT MOBILITY

MENU

2021年4月26日【イベント】

TGR育成選手の勝田、WRC第3戦でベストタイムを記録

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝田・バリット組

 

 

TOYOTA GAZOO Racing(以下「TGR」)は4月26日、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、WRC初開催のクロアチアで、2回のベストタイムを記録、総合6位で完走したと発表した。

 

2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第3戦クロアチア・ラリーは、4月22日(木)から25日(日)にかけてクロアチアの首都ザグレブを中心に開催された。勝田は、コ・ドライバーのダニエル・バリットと共にヤリスWRCで参戦。開幕2戦に続き今回も総合6位で完走し、3戦連続でポイントを獲得。ドライバー選手権ランキング7位につけた。

東欧のクロアチアでWRCが開催されるのは今回が初めてであったが、砂利道や雪道を走らない、純粋なターマック(舗装路)ラリーが開催されるのは、勝田が初めてヤリスWRCをドライブした2019年8月のラリー・ドイチェランド(ドイツ)以来となる。

 

クロアチアのステージは全てターマックだが、スムーズな路面もあれば、荒れて崩れかけているところもあり、舗装の状態は1本のステージ内でも大きく変化する。また、先行車がコーナーの舗装されていない路肩にまでタイヤを落として走る「インカット」を行うことにより、勝田のように出走順が後方の選手は、泥や砂利が多く散らばった非常に滑りやすい路面を走行しなければならない。

 

加えて、今季から履くピレリのターマック用タイヤの経験が十分ではなかったこともあって、初日の金曜日はかなり難しい状況であった。SS4ではジャンクションをオーバーシュートし、SS6ではスピンを喫するなど経験不足によるミスが重なり、約1分を失い金曜日は総合9位に留まる。

 

しかし、勝田のドライビングコーチであり、ターマックラリーでは選手が走る前にステージを走行して路面の情報を伝える、グラベルクルー(=ルートノートクルー)を務めるユホ・ハンニネンと、そのコ・ドライバーであるクレイグ・パリーの的確なアドバイスにより、勝田はドライビングとペースノートを改善。土曜日は格段にペースが良くなり、ロングステージのSS10では2020年の最終戦ラリー・モンツァのパワーステージ以来となる、キャリア2度目のベストタイムを記録。そのステージの再走となるSS14でもベストタイムをマークした。

 

また、それに伴い順位も着実に上がっていき、最終日の日曜日には安定して5番手前後のタイムを刻み総合6位に浮上。開幕戦ラリー・モンテカルロ、第2戦アークティック・ラリー・フィンランド、そして今回のクロアチア・ラリーと、3戦連続で総合6位を獲得した。

 

勝田の次戦は、5月20日から23日にかけてポルトガル北部で開催される、WRC第4戦「ラリー・ポルトガル」。このイベントは、今シーズン最初のグラベル(未舗装路)ラリーであり、下層に石が潜む砂状のグラベル路面を特徴とする。勝田は過去このラリーに3回出場しているが、トップカテゴリーのWRカーによる参戦は初めてであり、新たなチャレンジとなる。

 

 

 

 

 

Result
1 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (トヨタ ヤリス WRC) 2h51m22.9s
2 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC)+0.6s
3 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ (ヒュンダイ i20クーペ WRC)+8.1s
4 オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (ヒュンダイ i20クーペ WRC)+1m25.1s
5 アドリアン・フォルモ−/ルノウ・ジャムール (フォード フィエスタ WRC)+3m09.7s
6 勝田 貴元/ダニエル・バリット (トヨタ ヤリス WRC)+3m31.8s

 

勝田貴元
いくつかのステージは良いタイムで走ることができましたが、それ以外のステージのパフォーマンスにはあまり満足できませんでした。全体を通じてアップ&ダウンが激しかったのは事実ですが、それも より良いドライバーになるための学習の一部だと考えています。土曜日に2回ベストタイムを刻むことができたのは、とても良かったと思います。特に、再走ステージでのベストタイムは、他のドライバーと同じような路面コンディションで出したタイムなので、なおさらです。初日の金曜日と比べれば大きく進歩したと思いますが、それは経験を積んだからです。今回のラリーよりも前に、あのような道を走ったことがあまりなかったので、何が起きるかも分からず、自信を持つこともできませんでした。しかし、ステージを重ねるごとに多くを学び、それが自信につながり、余裕を持って走れるようになりました。とても良い週末になりましたし、グラベルクルーを務めてくれたユホとクレイグ、そしてチームのみんなに感謝します。

 

ユホ・ハンニネン(インストラクター)
今回のタカの戦いにはとても満足しています。ラリー前に新しいタイヤを履いてドライコンディションのターマックをヤリスWRCで走った経験があまりなかったこともあり、それがステージのタイムにも現れていました。路面のグリップが少し低いところではまだ少し躊躇し、あまり自信が持てないようでした。しかし、土曜日に路面のグリップが良くなると、同じステージで2回ベストタイムを記録しました。2回目の走行では路面に砂利が多く出ていたので、さらに難しかったと思います。次のターマックイベントとなるベルギーのイープル・ラリーは路面のグリップが低いステージが多く、コーナーのインカットによって路面にグラベルが多く出ると思いますので、今回のクロアチアでの経験がイープルで活かされると思います。また、私としては今回も彼のグラベルクルーを務めたことにより、タカのペースノートにどれだけ詳細な情報を加えたらいいのか、その適切なバランスを理解しましたし、グリップが低い路面での自信の持たせ方も分かりました。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。