NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月7日【テクノロジー】

NECソリューションイノベータ、「第2回 自動運転EXPO」に出展

NEXT MOBILITY編集部

 

 

日本電気(NEC)の完全子会社で、同グループにおいて社会ソリューション事業の中核を担うNECソリューションイノベータは、1月16日(水)から18日(金)に東京ビッグサイトで開催されるオートモーティブ ワールド展・「第2回 自動運転EXPO」に出展する。

 

NEC・ロゴ

オートモーティブ ワールド展は、自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カーなど、自動車業界の最新技術を集めた展示会で、「国際カーエレクトロニクス技術展」、「EV・HEV 駆動システム技術展」、「クルマの軽量化 技術展」、「コネクティッド・カー EXPO」、「自動車部品&加工 EXPO」、「自動運転 EXPO」の6展で構成されている。

 

NECソリューションイノベータは、この内「第2回 自動運転EXPO」に出展し、車載画像認識ソフトウェアや車載版フィンガージェスチャーを展示。会場ではデモも行われ、車載組込み最新技術の体験もできる。

 

また、1月16日(水)には、同社の車載分野での取組と、車室内・外の物体を認識する画像認識ソフトウェアを紹介するセミナーを開催する。

 

 

[出展内容]

 

○車両周辺監視ソフトウェア

 

移動体認識・パターン認識等を可能にする車載画像認識ソフトウェア。

 

・既存のハードウェアに認識機能を追加
・車両周辺を3次元で認識
・Deep Learningを車両に搭載

 

○車載版フィンガージェスチャー

 

自動運転向けを見据えた新しい車室内のHMI(Human Machine Interface)を提供。TOFセンサーからのデータを同社独自のアルゴリズムでジェスチャー認識し、コックピット周辺のアプリケーションを、触れずにシンプルなジェスチャーで操作できる。

 

 

[展示会概要]

 

– 名称:第11回 オートモーティブ ワールド/第2回 自動運転 EXPO
– 開催日時:2019年1月16日(水)~18日(金)
– 会場:東京ビッグサイト
– ブース番号:E61-4
– 主催:リードエグジビション ジャパン株式会社
– 参加費:無料(事前登録制)

 

<セミナー>

 

– 日時:1月16日(水曜日)13時40分~14時40分
– 概要:同社の10年以上にわたる車載分野での取組と、車室内・外の物体を認識する画像認識ソフトウェアについて紹介。
– 講師:栗田 裕二(NECソリューションイノベータ 上級プロフェッショナル)

 

 

■(NECソリューションイノベータ)フィンガージェスチャー 自動車/車載HMI:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/finger/hmi.html

■(NECソリューションイノベータ)車載系組込みソリューション:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/automotive/

 

 

■第11回 オートモーティブ ワールド:https://www.automotiveworld.jp/ja-jp.html

■第2回 自動運転 EXPO:https://www.autonomous-drive.jp/ja-jp.html

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。