NEXT MOBILITY

MENU

2021年1月21日【新型車】

DS7、クロスバック・ルーヴルブルーHDi発売

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

Groupe PSA Japanは1月21日、特別仕様車DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDi(DS 7 クロスバック ルーヴル ブルーHDi)を発売した。DS 7 CROSSBACKは、DS AUTOMOBILES(DS オートモビル)のフラッグシップSUV。

PSA・PSAJ・ロゴ

■DSオートモビルとルーヴル美術館との密接な協力関係が生み出す文化と移動の融合
ルーヴル美術館との長年にわたる緊密な協力関係が、文化と旅の芸術の融合を生み出した。それがこのLOUVRE(ルーヴル)の名を冠した特別仕様車DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDiとなる。

 

ブランド創立以来、DSオートモビルとルーヴル美術館は、伝統とモダン、美と未来へのヴィジョンを共有し、パートナーシップを築いてきた。そのヴィジョンはより卓越したクオリティ、専門性、革新性に裏打ちされたフランスならではの概念、サヴォア・フェールをもって世界にフランスとパリの存在を示すことにある。

 

かつては王宮であったルーヴル宮殿は、8世紀にわたってフランスの歴史に存在感を示している。1793年に総合美術館として一般公開されたルーヴルは、9千年の歴史と5つの大陸にまたがる世界で最も美しいコレクションを収蔵。8つの部門に分かれ、モナリザ、サモトラキアの翼を持つ勝利、ミロのヴィーナス像など、3万5000点以上の時代を超えた普遍性を持つ芸術作品を収蔵している。

 

そして、18世紀建築の本館とのコントラストを描くI・M・ペイによるメインエントランスのルーヴル・ピラミッド(ガラスのピラミッド)は、その伝統と革新性の融合という文脈において、精神的にも直接的にもDSオートモビルのデザインモチーフに取り入れられている。

 

 

■DSオートモビルのデザインのインスピレーション元のひとつ、

ルーヴル美術館とのパートナーシップによって生み出された特別なディテール
DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDiの魅力のひとつは、このモデルだけのために随所に誂えられたガラスのピラミッドをモチーフとした意匠の数々にある。これら専用バッジ、インテリアのディテールなどに特別な装飾に加えて、DSウイング(フロントグリルフレーム)、ルーフレール、サイドガラスモール、リアガーニッシュをシャイニーのブラックアウトとし、ブルー アンクルもしくはノアール ペルラネラのエクステリアカラーとコーディネイトし極めてシックに仕上げられている。

 

 

■各所に配置されたLOUVREの名を冠した特別なバッジや、きらびやかな装飾

フロントフードエンブレム、フロントドアサイド、リアなどにはLOUVREの名を冠した専用バッジが配置され、高級感を醸し出している。また、センターコンソールのフラップのレザーにもガラスのピラミッドをモチーフとしたエンボス加工が施され、シフトレバーを取り囲むクル・ド・パリ装飾(ギョシェ模様=パリの石畳を図案化した伝統装飾様式)と相まって華やかな雰囲気を造り出している。

 

 

 

なお、インテリアは通常モデルではオプションとなる最上級インスピレーション、OPERAがベースとなっており、インストルメントパネル全面に貼り込まれたムラ染のアートフィニッシュレザーがラグジュアリーな空気を醸成する。この革を縁取るネックレスのようなパールトップステッチは、オートクチュールの縫製の技法をアレンジしたものとなる。

 

加えて、シートはDSオートモビルのシグネチャーとなったナッパレザーによるウォッチストラップシート。シート座面と背面のレザー部分に腕時計のブレスレッドをデザインモチーフとした深い掘り込みがあるが、実はこれはそれぞれ一枚革で出来ていおり、革の貼り合わせや縫い付けでありがちな固さを排除している。これらもまたフランスの伝統的な皮革加工の技術をアレンジしたものとなる。

 

このようにルーヴル美術館とDSオートモビルにともに通奏低音として感じられる“サヴォワ・フェール”(ものづくりにおける職人的経験、技術に加え、より良いものを、より美しいものを創造せずにいられないという美意識、矜持)が横溢する仕上がりとなる。

 

 

 

■”冷静なるダイナミズム”の提供。

400Nmの最大トルクを発生させる2.0ℓクリーンターボディーゼル
パワートレインは2.0ℓクリーンターボディーゼルに電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8の定評のコンビネーション。ガソリン自然吸気4ℓに相当する最大トルク400Nmを2,000rpmという低回転からワイドに発生し、ほぼ常にロックアップを行う電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8と相まって、ドライバーのアクセルワークに即座に反応するパフォーマンスを備えている。ディーゼルエンジンならではの力強く息の長い加速が、DSオートモビルならではのエレガントな走り”冷静なるダイナミズム”を提供する。

 

■DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDi カラーバリエーション

左:ブルー アンクル、右:ノアールペルラネラ

※価格にはペイントオプションが含まれる。

 

■DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDi 車両本体価格(税込)
¥6,600,000

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。