NEXT MOBILITY

MENU

2021年1月27日【SDGs】

プジョー、コンパクトSUVの3008刷新。PHEV登場

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

Groupe PSA Japanは1月27日、PEUGEOT(プジョー)ブランドのベストセラーCセグメントSUVである3008に新世代デザインフェイスと充実の各種装備を備え、モデルチェンジしたNEW 3008を発売。さらに、プジョーとして初のプラグインハイブリッドにして4輪駆動となるNEW 3008 GT HYBRID4を設定した。

 

また、坂本龍一氏の楽曲「Before Long」を使用したTVCMを展開する。これはモダンに進化したNEW  3008と、坂本龍一氏のの楽曲がもつ洗練されたイメージの共鳴を意図したという。

PSA・PSAJ・ロゴ

プジョー3008は、2016年のグローバルローンチ以来、80万台以上が生産され、欧州SUV市場を牽引してきた。ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞し、ヨーロッパのみならず、世界的にも刮目すべき販売実績を上げている。日本市場においても、その洗練され都会的なデザインとクリーンディーゼルの省燃費性、環境性能、プジョーが造るSUVならではのスポーティな走りなどが評価され、2017年3月のデビュー以来、4年弱で累計販売台数は8309台にも上った。

 

そして今回発売される、あたらしい3008の進化は大きく分けて3つに集約される。1、さらにモダンに、さらに美しくなったフロントフェイス、2、ADAS(先進安全支援システム)の強化、3、プラグインハイブリッド4WD、システム出力300ps/520Nmを誇る電動化*モデルPHEVの3008 GT HYBRID4の導入と純内燃機関モデル(ガソリンおよびディーゼル)の燃費向上によるエキサイティングな走りと環境性能のより高い両立だ。

 

新世代のインスピレーションを受けてデザインされたエクステリアは、これまで以上のエレガンスをもって再構築され、セイバー(デイタイムランニングライト)とフレームレスのフロントフェイス、初採用のフルLEDリアライト、あたらしいボディカラーなど、いまの時代感を反映させている。そしてNEW 3008は、プジョーが提案するTHE POWER OF CHOICEを体現し、PHEV(プラグインハイブリッド)とガソリンもしくはクリーンディーゼルのICE(内燃機関)をライフスタイルや嗜好にあわせて選択することができる。あらゆる選択肢をもってCO2削減という環境問題に対してコミットしつつ、モビリティの喜びと充実を提供する。

 

インテリジェントなテクノロジーにおいては、最新世代のADAS(先進運転支援システム)に加え、ドライビングにおけるUI/UXの革新、PEUGEOT i-Cockpit®は、さらに品質を高めたディスプレイヘッドセットと8インチの高精細タッチスクリーンを搭載。さらにインテリアは全グレードに新デザインのシートを採用することで上質感を向上させている。

 

 

■エクステリアデザイン:プジョーの未来を触発されたあたらしいフロントフェイス
垂直に立ち上がるグリルはフレームレスとなり、ヘッドライト、バンパーと融合。かつて自動車が生まれた時にむき出しだった冷却装置=内燃機関の象徴であったラジエターグリルは電動化を見据るかのように、その存在感を薄め、ボディに溶け込んでいる。また、従来はクラムシェルボンネットのサイドのパーテーションラインからヘッドライト上を通っていたLEDデイタイムライトは、新世代プジョーのデザインコードであるセイバー(サーベルの意)と呼ばれる牙状のものとなった。近未来的なフレームレスグリルとなったこと、セイバーが縦のラインを強調しホイールを強調するかのようにオープニングラインと呼応するような配置となったこと、このふたつにより、NEW 3008のフロントフェイスははよりSUVらしいダイナミックな意匠となっている。

 

 

 

 

 

 

■インテリアデザイン:全グレードに新シートを採用し、カラー&デザインを刷新。
NEW 3008のインテリアは、自動車におけるUI/UXの革新、PEUGEOT i-Cockpit®を引き続き採用。登場以来500万人以上のドライバーから支持を得ているi-Cockpit®は、小径ステアリングホイールを使うことで実現する、ステアリングの上からメーターを確認することによる視線移動距離の減少、肘が下がり脇を締めたコンパクトなドライビングポジションによるステアリング操作の少ない動線など、優れた資質を持っている。

 

 

 

 

– 視覚ゾーン

すべての情報を見やすく、ドライバーの視界の中に注意深く配置。ステアリングホイールより上のゾーンは視覚を司る。ステアリングホイール奥のデジタルヘッドアップインストルメントパネルには、コントラストをさらに高めた12インチ大型ディスプレイを採用。“ブラックノーマル”のハイコントラスト液晶を採用し、さらに鮮やかに視認性が高くなった。ドライビングに必要な情報投影が行われ、各種表示モードも選択できる。

– 操作ゾーン

ステアリングホイールの横から下のエリアは、物理的なスイッチを配して実際に手で操作するゾーン。センターディスプレイ下の7つのピアノ状のトグルスイッチは各主要機能のショートカットとなっており、ハザードランプ、ドアロック、前後デフロスターなどを使うことの多い機能にすばやくアクセスできる。EAT8のギアボックス・コントロールはいわゆるドライブ・バイ・ワイヤで、簡単かつ直感的な操作を可能。また、必要に応じてドライバーがすぐにシフト操作ができるようにステアリングホイールにはパドルが備わっている。小径ステアリングによって身体的動線の削減、肘を下げることでの疲労度の減少が見込める。

– ボディゾーン

乗員を包み込むようなコックピットの感覚を与えるような意匠により、パーソナル感、安心感を醸し出す。新デザインとなったシートはいずれも体幹と腰をしっかりと支え、快適なドライブを文字通りサポートする。

 

 

 

シートの刷新は、NEW 3008のインテリアのハイライトのひとつ。フランス車に期待されるあたりの柔らかさ、疲労の少なさ、快適性をさらに高めるべく細心の注意を払っている。すべてのグレードのシートはあたらしくなり、視覚的にはよりモダンに、体感的にはさらに快適になった。GT HYBRID4には、アルカンタラ®&テップレザーのライトグレー基調のシート、GT(ディーゼルおよびガソリン)にはアルカンタラ®&テップレザーのダークグレー基調の表皮を使用。これらはフロントシートヒーター、運転席メモリー付きパワーシートとマルチポイントランバーサポートシートとなっている。Allure BlueHDiおよびAllureにはファブリック&テップレザーのダークグレー基調のものを採用した。また、GT HYBRID4およびGTに設定されるレザーパッケージオプションでは人気のナッパレザーシートを継続し、あたらしくウッドパネルにオープンポア(木材の持つ自然な導管の質感を生かした仕上げ)のダークライムウッド(アオイ科の樹木で日本ではシナノキに近似)を用意している。

 

 

 

 

■先進運転支援と安全性:最新の先進運転支援システム(ADAS)は全車標準で追加オプション不要
NEW 3008は、プジョーフラッグシップモデル508と同等レベルの最新世代ADAS(先進運転支援システム)を備えている。アクティブセーフティブレーキなど基本機能は全グレードに標準搭載。オプション等で費用を追加する必要がない。

 

– アクティブセーフティブレーキ
508同様のプジョー最新世代アクティブセーフティブレーキ。自動車、二輪車、歩行者、夜間検知に対応している。

– アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
従来の高速道路における同一車線内走行を想定した運転支援機能に加え、前車が完全停止したのち3秒以内に再発進すればアクセル操作無しで追従する。3秒以上経過した場合はワンアクションで設定速度まで回復。渋滞時の加減速にも対応している。

– レーンポジショニングアシスト
左右の車線の任意の左右位置(無段階)をドライバーが選び、その白線から一定の距離を保ったまま走行することができる。一般的には左右両車線の中央をキープするが、このシステムは、左右車線内のドライバー任意の位置をキープ。好みや例えば右側は工事でガードレールが迫っている場合にやや左寄りを走る……など乗る人の感覚に寄り添った制御ロジックが特徴だ。ほぼ全速度域でステアリング補正を実施。アクティブクルーズコントロールとともに先進的な運転支援をドライバーに提供する。

 

 

 

– レーンキープアシスト
約65km/h以上の速度で走行中、車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力発生、元の車線へと戻す。

– アクティブブラインドスポットモニターシステム
走行中、斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車輌を超音波センサーが感知。ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させる。さらに後続車輌の進路に入ろうとした場合は、ステアリングの反力によって車線変更を抑制する。

– インテリジェントハイビーム
自動ハイビーム切り替え機能。ルームミラー部に取付けられたカメラが常に前方の状況を分析。先行車や対向車の有無、照明の状況などにより、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、対向車を幻惑することなく、常に最適な前方視界を確保する。

– トラフィックサインインフォメーション
制限速度および進入禁止に関する道路標識をマルチファンクションカメラが読み取り、インストルメントパネルに表示。制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピードリミッターに連動させることができる。

– フロントソナー/バックソナー/ワイドバックアイカメラ
フロント、サイドおよびリアの近接ソナーを備えている。ワイドバックアイカメラはバックする際に車輌後方の状況をタッチスクリーンに投影し、またステアリング操作による距離や車輌の進行方向の表示、および俯瞰映像により精度の高い表示を提供。また後部近接ソナーを備えている。

 

■THE POWER OF CHOICE:プジョー初のプラグインハイブリッド4WDモデルを追加。
ガソリン、ディーゼル、PHEVとあらゆる選択肢を提供し、移動の喜びと電動化*によるCO2削減を両立。

*「電動化」(英語:electrifiedなど)は、動力源として、ICE(Internal Combustion Engine:内燃機関)に加えて電気を使用したハイブリッド(HEV)、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)などを含む表現。必ずしもバッテリーと電気モーターのみを動力源とした電気自動車(BEV、フルEV)だけを指すものではない。

 

NEW 3008では、2.0ℓ BlueHDiクリーンターボディーゼル、1.6ℓ PureTechガソリンターボエンジン、そしてあらたに登場したプジョー初となるPHEV(プラグインハイブリッド=ガソリンエンジン+電気モーター+外部充電可能なバッテリー搭載)の4WDモデルという3つのパワートレインを用意。機能、装備、居住スペース、ユーティリティなど自動車としての基本を同等とした上で、コスト、ユーザーのライフスタイル、使用状況、好みなどに応じて自由に選ぶことができる。

 

■NEW 3008 GT HYBRID4:プジョー歴代市販モデル最強のトータル出力300ps /520Nm。前後にモーターを搭載したプラグインハイブリッド4WDモデル
このプジョー初の電動化*モデルプラグインハイブリッド4WDはトータル出力300ps /520Nmを誇り、プジョー市販モデルで最強。CセグメントSUVの中でも動力性能でトップレベルのものとなる。さらに高回転域を伸ばし、ハイチューンとなった200ps/300Nmの1.6ℓ PureTechガソリンターボエンジンと電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8をベースにしたベースにしたPHEV専用トランスミッションe-EAT8にフロントに110ps/320Nmの電動モーターを内蔵し、リアに独立した112ps/166Nmの電動モーター、13.2kWhのバッテリーを組み合わせている。この200psに引き上げられたガソリンエンジンにふたつのモーターによるサポートが加わり、さらにスタート時はリアモーター駆動によるより確かなトラクションのおかげで0〜100km/h加速は欧州参考値5.9秒という高い動力性能を発揮する。

 

さらに、GT HYBRID4では欧州型PHEVの例に違わず、バッテリーのみで走行できるELECTRICモードなどドライバーが任意に選べる4つのドライブモードを搭載している。なお、すべてのモードにおいて走行状況によりエンジンと電動モーターのシームレスな切り替えが発生する。

 

– 4WD
リアモーターにより後輪も駆動させ4輪のトラクションを最大化。路面、走行状況、4輪のグリップなどにより最適な効率となるように前後の駆動を制御し、トルクをアクティブに配分。SUVらしい悪路走破性を発揮する。発進時はリア駆動を加えた4WDとなるが、状況に応じてFFにも切り替わる。135km/h以下で作動する。
– SPORT
ダイナミックな走行のためにエンジン主体で駆動するスポーツモード。シフトアップタイミングを遅らせエンジンの出力を引き出し、アクセルレスポンス、ギアシフトタイミング、ステアリングなどを統合制御する。HYBRIDモードよりも電気エネルギーの依存度は低くなる。
– HYBRID
システム始動時のデフォルトモードがHYBRIDとなる。総合的にもっともエネルギー効率の良い走行モードとなっており、バッテリー残量がある限りは、発進時はリアモーター駆動となる。エンジンとモーターが運転状況によりフレキシブルかつスムーズに切り替わる。
– ELECTRIC
電力のみで走行するゼロエミッションモード。アクセルを深く踏み込んだ際は、自動的にエンジンも稼働する。最高速度135km/h、EV走行換算距離はJC08モードで69km*、WLTCモードで64km*。 *等価EVレンジ、国土交通省審査値

 

バッテリーへの充電は、普通充電のみに対応し、200V/3kWで約5時間、200V/6kWで約2時間半で満充電となる。専用充電ケーブルが付属し、充電ポートは車輌左後方に位置している。ソケット脇にはLEDのインジケーターがあり、スタンバイ(白)、充電中(緑の点滅)、充電完了(緑の点灯)、青(充電予約中)など状態を表示する。

 

NEW 3008 HYBRID4はスマートフォンのアプリを利用したeリモートコントロールというPHEVならではの機能を実装。スマートフォンにダウンロードした無料MyPeugeotアプリ(iOSおよびAndroid OSに対応)の操作によりリモートチャージングとプリコンディショニングの操作をすることができる。

 

– リモートチャージング
充電器に接続されているNEW 3008HYBRID4に対して、充電状況の確認(ON-OFF、普通・急速充電、充電レベル、速度、満充電残り時間)や、充電予約(設定した時間に充電を開始する)といった充電操作をスマートフォンから行える。

 

– プリコンディショニング
遠隔で室内のエアコンディショニングを作動させることができる機能。エアコンの作動(ON-OFF)やエアコン動作予約(時間、曜日をスケジュール)といった操作が可能。プリコンディショニング時は、つねに21度の設定となり、室内を快適な状態で約10分間キープする。作動条件は50%以上の充電状態、イグニッションOFF、車輌ロックの条件がすべて満たされている場合に限る。

 

 

 

 

■NEW 3008 GT BlueHDi / GT:アルカンタラシートにグリップコントロールを備えた充実装備のハイグレードモデル
フルLEDヘッドライト、運転席メモリー付きパワーシート、フロントシートヒーターなどの快適装備、そしてタイヤのトラクションを最適化して悪路走破性を高めるヒルディセントコントロール付きアドバンストグリップコントロールなどを備えた人気グレード。

 

パワートレインは定評の2.0ℓ BlueHDiクリーンターボディーゼルと1.6ℓ PureTechターボガソリンエンジン。前者は可変ジオメトリーターボを搭載し、177psに4ℓ自然吸気ガソリンエンジンに相当する400Nmの大トルクを持ちパワフルな走りが特徴。また、プジョー独自のクリーンテクノロジーにより、Euro 6.2に対応する環境性能と16.6km/ℓ(WLTCモード)、21.2km/ℓ(JC08モード)という高いエネルギー効率を誇る。

 

後者はターボラグを極限まで減らしたツインスクロールターボチャージャーにより1,650rpmという低回転域から250Nmのトルクを発生。1.6ℓ PureTechターボガソリンエンジンは、このたび燃費改善を施し、燃費をWLTCモードで15.6km/ℓ(旧13.4km/ℓ)、JC08モードで17.5km/ℓ(旧15.0km/ℓ)と従来モデルより大幅に改善している。

 

■NEW 3008 Allure BlueHDi / Allure:ADAS、ハンズフリーテールゲートなど使うひとのことを考えたコンフォートグレード
従来よりさらにより充実しすべて標準装備としたADAS(先進安全運転システム)、LEDヘッドライト、ファブリック&テップレザーシートにダッシュボードのファブリックデコレーションなど、安らかな心地よさを感じさせるパッケージをまとめたグレード。パワートレインはGTと同様に定評の2.0ℓ BlueHDiクリーンターボディーゼルと1.6ℓ PureTechターボガソリンエンジンとなる。

 

■ボディサイズ:グループPSA最新プラットフォームでPHEVもユーティリティはICEと同様
NEW 3008は、グループPSAのC/D/EセグメントプラットフォームEMP2によって、優れた乗り心地、静粛性、ユーティリティを備えている。当初よりPHEV化を前提としていたEMP2の設計のため、バッテリーを搭載し、マルチリンクリアサスペンションとリアモーターを搭載するGT HYBRID4であってもトランクスペースなどはほとんど犠牲になっていない。

 

■ユーティリティ:5名乗車時でもラゲッジ容量約520ℓ、SUVらしい使い勝手を実現
6:4分割可倒式のリアシートはワンタッチ でシートバックが倒れ、同時に座面が沈み込む設計。荷物の量に合わせた空間づくりを簡単に行うことができ、シートバックをすべて折りたためば、最大約1,482ℓもの大空間が出現する(PHEVを除く)。また、リアバンパーの下で足を動かすと自動開閉するハンズフリー電動テールゲートは、 両手がふさがっている時や雨の中でも、スムーズな荷物の積み下ろしを可能にする。

 

 

他にもインテリアではセンターコンソール下部にも収納スペースがあり、そこにはQi規格準拠のスマートフォン非接触充電エリアを用意。スマートフォンをスマートに収納しながらワイヤレス充電が可能。必須装備となっているUSBポートはセンターコンソールにPeugeotミラースクリーン対応のType-Aを1つ、後席にも充電用Type-Aが2つ装備されており、現代のデジタルライフスタイルに対応している。また、Apple CarPlay™、Android Auto™に対応するスマートフォン接続機能も標準搭載。対応ナビゲーション/マップアプリやオーディオアプリを直感的に使用することができる。

 

■NEW 3008 税込価格
– NEW 3008 Allure:¥3,976,000
– NEW 3008 Allure BlueHDi:¥4,320,000
– NEW 3008 GT:¥4,392,000
– NEW 3008 GT BlueHDi:¥4,736,000
– NEW 3008 GT HYBRID4:¥5,650,000NEW SUV 2008 / SUV e-2008 ボディカラー
※GTにオプション設定のパノラミックサンルーフオプションは¥153,000、レザーパッケージは¥520,000

 

■NEW 3008 ボディカラー
ボディカラーは全5色展開。NEW 208およびNEW SUV 2008で好評の3コートで極めて明瞭性高く鮮やかなヴァーティゴ・ブルーの他に、パール・ホワイト、プラチナ・グレー、セレベス・ブルー、ペルラネラ・ブラックになっている。

 

***パールペイントオプション¥82,500
**メタリックペイントオプション¥60,500

 

オプションのレザーパッケージには、ナッパレザーシート、ダッシュボードウッドデコレーション、パノラミックサンルーフ(電動メッシュシェード付) 、パークアシスト、360°ビジョン(フロントカメラ付)が含まれている。

 

※Apple CarPlayは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標。Android Autoは、米国およびその他の国で登録されたGoogle Inc.の商標。アルカンタラは、東レ株式会社のイタリア子会社Alcantara S.p.A.の商標。
※写真は一部欧州仕様車が含まれている。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。