NEXT MOBILITY

MENU

2019年4月11日【テクノロジー】

ブリヂストン、JAXA &トヨタと国際宇宙探査ミッションに挑戦

NEXT MOBILITY編集部

 

ブリヂストンは4月11日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、トヨタ自動車と共に国際宇宙探査ミッションへ挑戦すると発表した。

 

このミッションは、JAXAとトヨタが「人類の活動領域の拡大」と「知的財産の創出」を目的に3月に発表したもので、ブリヂストンは「有人与圧ローバ」が月面を走破するためのタイヤ(接地体)を研究する。

 

 

 

 

ブリヂストンはローバに装着する接地体について、2000年代にJAXAと共同検討を実施し、トヨタとは技術パートナーとして連携。今回、ミッションでの新たな技術課題の「月面での接地」解決のため、地球上においての路面に対するブリヂストンの知見と技術力が評価され、JAXA、トヨタとのチームの一員に。

 

ブリヂストンは、月面で接地体が果たすべき4つの役割り(重量を支える、駆動力・制動力を伝える、方向を転換・維持する、路面変化に追従する)を実現するしなやかで強靭な接地体の開発に挑戦する。

 

 

 

 

米国コロラドスプリングスで4月10日(水)に開催された第35回スペースシンポジウムでのJAXAのセッションで、ブリヂストンの執行役員兼、同社子会社のブリヂストン アメリカスCTOのニザール・トリギィ氏が登壇し、以下のように話している。

 

「このような挑戦にチームの一員として参加させていただくことをうれしく思います。当社は、企業理念の中で「進取独創」と掲げているように、創業より、将来何が起こるかを想像しより一層社会の役に立つ様々な「創造」に積極的に挑戦してきており、これまでもあらゆる環境にも適応する革新的な製品・ソリューションを実現してきています。今回の挑戦もその一環として、積極果敢に取組んでいきたいと考えています。」

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。