NEXT MOBILITY

MENU

2019年3月12日【テクノロジー】

デンソー、自動車ソフトを無線更新する技術開発会社に出資

NEXT MOBILITY編集部

 

 

デンソーは、自動車のソフトウェアを遠隔地から無線で更新するOTA(Over the Air)システムの開発を加速させるため、コネクティッドカー関連のソフトウェア開発で実績を持つ米国のAirbiquity社に、トヨタ自動車、豊田通商と共同で出資を行った。デンソーの出資額は500万USドル。

近年、自動運転や電動化など自動車の高性能化に伴い、車両に搭載されているソフトウェアは大規模化、複雑化が進んでいる。

 

従来、これらのソフトウェアの更新や書き換えを行うためには、カーディーラーなどで、直接、更新作業をする必要があったが、今後、車両とさまざまなモノがつながるコネクティッドカーでは、OTAシステムを用いることで、遠隔地から無線でソフトウェアを更新、書き換えが可能になると云う。

 

現在、OTAシステムはカーナビゲーションなど、マルチメディア分野でのソフトウェア更新で実用化が進んでおり、今後は、さらに自動運転技術など自動車の制御における機能拡張・更新や、外部のサービスとの連携などにも活用が見込まれている。

 

また自動車の開発、製造段階におけるソフトウェア更新への活用などでも、自動車のライフサイクル全体で、OTAシステムの重要性が高まっている。

 

Airbiquity社は、車載マルチメディアなどのソフトウェア開発で多くのカーメーカーへの採用実績があり、またOTAシステムの開発だけでなく、セキュリティへの対応などでも強みを持っていると云う。

 

今後デンソーは、Airbiquity社の持つ技術力や開発リソーセスを活用し、トヨタ自動車、豊田通商と共同で、安全かつ信頼性の高いOTAシステムの開発を加速するとしている。

 

 

 

[Airbiquity社の概要]

 

– 社名:Airbiquity Inc.(エアビクイティ インコーポレイテッド)
– 設立年月:1997年
– 所在地:米国ワシントン州シアトル
– 社長兼CEO:Kamyar Moinzadeh (カムヤール・モインザデ)
– 事業内容:OTAリプロシステムの開発、サービスの提供

 

 

■Airbiquity(日本語):https://www.airbiquity.com/jp

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。