NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月5日【テクノロジー】

ホンダ、ベンチャーキャピタル4社と協業。世界から協業先を発掘

NEXT MOBILITY編集部

 

 

本田技術研究所の子会社のホンダ・イノベーションズ(Honda R&D Innovations)は、欧州および中国に拠点を持つベンチャーキャピタル4社との協業を開始する。

honda・ホンダ・ロゴ

協業では、ホンダがベンチャーキャピタル4社に出資。ホンダ・イノベーションズが、「ホンダ・エクセラレーター(Honda Xcelerator)」を通じて、ベンチャーキャピタルと協業する。

 

ホンダ・イノベーションズは、ベンチャーキャピタルが持つネットワークの活用し、世界のアーリーステージ(※1)のスタートアップ企業の中から新たな協業先を発掘。ホンダのオープンイノベーションを加速する。

 

ホンダ・エクセラレーターは、2015年からホンダとの協業の場やアドバイスを提供し、試作のための資金の一部援助などを行うことで、スタートアップを支援。スタートアップとの協業を通じて、ホンダの顧客体験向上をもたらすモビリティー関連商品やサービスを創造している。

 

CES2019では、ホンダ・エクセラレーターによるスタートアップ2社との新たな協業が発表される予定だ。

 

 

[協業するベンチャーキャピタル4社]

 

360キャピタル・パートナーズ(360 Capital Partners)

 

欧州のロボティクス、モビリティーなどのディープテック(※2)企業に投資する、フランス・パリに本社を置くベンチャーキャピタル。

 

ジェイビー・ノルディック・ベンチャーズ(JB Nordic Ventures)

 

バルト地方で最大の投資会社であるBaltCap社と、日本政府も拠出している投資会社JBIC IG社両社が新たに設立したベンチャーキャピタルで、バルト地域、アイスランド、スカンジナビアのIT、ロボティクス、モビリティー関連企業に投資。

 

エス・オー・エス・ヴイ(SOSV)

 

ハードウェア、モビリティー、ソフトウェア、食品、ライフサイエンス関連のスタートアップに投資する、米国に本社を置くベンチャーキャピタルで、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、深圳、上海、台北に拠点を持つ。

 

ユンチ・パートナーズ(Yunqi Partners)

 

企業向けITサービス、ロボティクス、モビリティーに投資する中国の上海と北京を拠点とするベンチャーキャピタル。

 

 

ホンダは、ベンチャーキャピタルとの協業により、世界にあるエクセラレーターの各拠点を通じて、新価値創造に向けた取り組みに対する支援活動を拡大するとしている。

 
 
※1:ベンチャー企業の成長ステージのうち、起業して直後の時期。

※2:AI、ロボティクス、ゲノムといった最先端技術。

 

 

■ホンダ・エクセラレーター:http://xcelerator.hondainnovations.com/ja/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。