NEXT MOBILITY

MENU

2021年6月7日【イベント】

TGR勝田、ドライバー選手権でランキング5位に

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

TOYOTA GAZOO Racing(以下「TGR」)は6月7日、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、6月3日(木)から6日(日)にかけてイタリアのサルディニア島で開催された、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・イタリア サルディニアに、コ・ドライバーのダニエル・バリットと共にヤリスWRCで参戦したと発表した。

 

前戦ラリー・ポルトガルに続き、WRC自己最高順位となる総合4位で完走した。

TOYOTA-GAZOO-Racing・ロゴ

今シーズン最初のグラベル(未舗装路)イベントだった前戦のラリー・ポルトガルで、勝田は2本のステージベストタイムを記録し、WRCでの自己最高位となる総合4位を獲得した。今回のラリー・イタリア サルディニアもグラベルイベントだが、全体的に道幅の狭い高速なステージが多く、道の両側には木や岩が迫るなど、少しのミスも許されないトリッキーなラリーであるため、前戦よりも厳しい戦いになることが事前に予想された。また、2020年10月の前回大会ではリタイアに終わったこともあり、今回は全20ステージをしっかり最後まで走りきることを最優先してラリーをスタートした。

 

ラリー開始直後から勝田は好調な走りを続け、金曜日のデイ1はSS1からSS4まで総合5位をキープ。午後のステージでは何度かエンジンがストールしてタイムを失い、同じヤリスWRCをドライブするエルフィン・エバンスに抜かれて総合6位に順位を下げた。しかし、土曜日のデイ2で多くのトップドライバーがミスやトラブルでリタイアを余儀なくされる中、勝田は大きなアクシデントやダメージを負うことなく堅実な走りを続け、総合4位に順位を上げた。

 

そして迎えた最終日のデイ3は、コ・ドライバーのバリットが暑さによる脱水症状で気分がすぐれなかったため、勝田はなるべくバリットに負担をかけないように慎重に走ったが、それでも総合4位を最後まで堅守。2戦連続で表彰台にあと1歩と迫る好結果を残し、ドライバーとしての成長を結果で示した。なお、バリットはフィニッシュ後に医師の診断を受け、体調について特に問題がないことが確認されている。

 

勝田はこれで開幕から5戦連続でポイントを獲得し、ドライバー選手権のランキングは6位から5位に上がっている。今シーズン全てのラリーで総合6位以内に入っているドライバーは、勝田とエバンスのふたりだけであり、TGRは、今回の確実性を優先するアプローチが正解だったこと、そして速さと安定性のバランスが上手くとれていることが、リザルトにも表れているとした。

 

勝田の次戦は、6月24日から27日にかけて、アフリカのケニアで開催される「サファリ・ラリー」。2002年以来19年ぶりにWRCとして開催されるこの伝統の1戦はグラベル(未舗装路)ラリーであり、現役のトップドライバーは全員が初めて挑むイベントとなる。

 

 

勝田貴元
今回のラリーでの自分の戦いには満足しています。多くのことを学ぶことができましたし、ポジティブなことも多くありました。特に土曜日はいろいろなことが起き、コーナリングライン上にあった大きな石にぶつかってコースアウトしそうになるなど、危ない瞬間もありましたが、それでも完走することができたのは大きな収穫です。とてもいい経験をしましたし、次のラリーに向けていい学びを得ることができたと思います。

 

ユホ・ハンニネン(インストラクター)
今回もまた、タカのラリーにとても満足しています。非常に難しいイベントになるということを、彼はラリーに臨む前から理解していましたし、実際そうなったと思います。今回は前戦までとは少し違うアプローチをとり、最大限にプッシュするのではなく、とにかくトラブルフリーで走ることを優先しました。トラブルさえ回避することができれば、良い結果を得られるだろうとタカは考えていましたが、まさにその通りの展開になりました。私としては、これから出場するラリーはタカにとって良いものになると確信していましたし、今回に関しては最も厳しい戦いになると予想していましたが、それでも総合4位でフィニッシュしました。本当に良いリザルトだと思います。

 

Result
1 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(トヨタ ヤリス WRC)3h19m26.4s
2 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC)+46.0s
3 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ(ヒュンダイ i20クーペ WRC)+1m05.2s
4 勝田 貴元/ダニエル・バリット(トヨタ ヤリス WRC)+6m11.2s
5 ヤリ・フッツネン/ミッコ・ルッカ(ヒュンダイ i20 R5)+9m31.7s

 

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。