NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月26日【経済・社会】

アイシンとデンソー、EV駆動モジュール開発・販売会社設立

NEXT MOBILITY編集部

 

 

アイシン精機とデンソーは、12月26日、電動化のための駆動モジュールの開発および販売を行う合弁会社設立に正式合意した。

 

新会社は、社名を「BluE Nexus (ブルーイー ネクサス)」とし、2019年4月(*)に設立される予定。

 

自動車の電動化には、電動車両の駆動に不可欠なトランスアクスル、モータージェネレーター、インバーターというキーコンポーネントが一つのパッケージになった、駆動モジュールが必要となるが、今回設立される合弁会社では、電動化におけるアイシンとデンソーの強みを結集し、国内外の自動車メーカー向けに駆動モジュールを開発し、ラインナップする。

 

さらに、ハイブリッド(HV)、プラグインハイブリッド(PHV)、電気自動車(EV)など、求められる性能、地域事情等に合わせた適合までを含めて対応できる体制を構築。世界各地域への幅広い普及を目指し、持続可能な社会の実現に貢献するとしている。

 

*:本合弁会社の設立は所要の独禁法当局の承認を条件とする。

 

 

[合弁会社の概要]

 

– 社名:株式会社 BluE Nexus (ブルーイー ネクサス)

– 設立年月:2019年4月(予定)

– 所在地:愛知県 安城市

– 資本金:5,000万円

– 社長:山口 幸蔵 (現 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 副社長)

– 出資比率:アイシン50%、デンソー50%

– 従業員数:約200名 (2019年4月)

– 事業内容:電動化のための駆動モジュールの開発、適合、販売

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。