NEXT MOBILITY

MENU

2021年2月16日【IoT】

世界の画像認識市場、15.1%以上の成長率が2027年迄続く

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

SDKI Inc.は2月16日、「世界の画像認識市場ー地域予測2027年」の調査レポートを2021年02月15日付で発刊したと発表した。

 

このレポートは、2020―2027年までの市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する分析の提供を目的としている。

 

– レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-111573

 

 

世界の画像認識市場は2019年に約227.6億米ドルと評価され、2020―2027年の予測期間中に15.1%を超える健全な成長率で成長すると予想されている。

 

画像認識は、画像、場所、オブジェクト、文章などを識別するソフトウェアの機能で、自動運転車、画像コンテンツ検索、画像コンテンツへのメタタグのラベル付け、自律型ロボットの誘導など、さまざまなタスクを実行することができる。主に画像認識は、アルゴリズムの深い理解を必要とする機械学習技術に従う。

 

サイバー攻撃の増加により、製造業、金融サービス、保険、BFSIなどの業界での人工知能の採用が増加している。マハラシュトラ州警察とNDTVによると、2010―2018年の間にサイバー攻撃が急増し、5日間で40,000件以上の事件が登録された。

 

Statistaのレポートによると、世界のAIソフトウェア市場は2020年に前年比で約54%成長し、226億米ドルの予測サイズに達すると予想されている。したがって、この要因は、世界中の画像認識市場への採用を強化する可能性がある。さらに、さまざまなビジネスが世界中のビジネスプロセスを変革するためにデジタル化に移行しており、予測期間中の市場のCAGRを牽引する重要な要因である。

 

しかし、画像認識デバイスの製造に伴うコストは高く、2020―2027年の予測期間中に市場の成長を抑制する要因の1つになっている。

 

 

地域概要

北米は、この地域でより速い速度でテクノロジーが採用されているため、市場シェアの点で世界をリードする地域である。一方、人工知能と画像認識の統合の増加により、アジア太平洋地域も2020―2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されている。

 

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている世界のすべての地域をカバーしている。さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分けられる。

 

・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)

・北米(米国およびカナダ)

・中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

・ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

 

 

市場セグメント

世界の画像認識市場は、コンポーネント別、アプリケーション別、展開モード別に分割される。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成される。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明する。

 

– コンポーネント別

ハードウェア、ソフトウェア、サービス

– アプリケーション別

スキャンとイメージング、セキュリティと監視、画像検索

– 展開モード別

クラウド、オンプレミス

 

市場の主要なキープレーヤー

世界の画像認識市場の主要なキープレーヤーは、Google Inc.、Slyce Acquisition Inc.、Qualcomm Technologies, Inc.、Catchroom、Hitachi, Ltd.、NEC Corporation、 Honeywell International Inc、LTUTech、NEC Corporation、Wikitude GmbH.などがある。この調査には、世界の画像認識市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析が、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略とともに含まれている。

 

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/image-recognition-market/111573

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。