NEXT MOBILITY

MENU

2018年10月9日【エレクトロニクス器機】

三菱電機、小型・軽量の3次元移動計測装置発売

NEXT MOBILITY編集部

三菱電機は、自動運転に用いる3次元地図作成やインフラ管理などで活用される高精度3次元移動計測装置の三菱モービルマッピングシステム(MMS※1)の新製品として、小型・軽量化により輸送や着脱が容易な「MMS-G」を、12月25日に発売する。

 

三菱電機・ロゴ

 

同社は今後、国内だけでなく、需要の拡大が見込まれる欧州・北米・アジア・オセアニアなど海外市場への展開を加速し、事業拡大を目指す。

 

なお、新製品は、10月16日から18日までドイツ フランクフルトで開催される「INTERGEO」に出展される。

 

※1)Mobile Mapping System:GPSアンテナ・レーザースキャナー・カメラなどの機器を車両に搭載し、走りながら道路や周辺の建物などの3次元位置情報を高精度に収集する装置

 

MMS-G外観(左・中)と、MMSで取得される3次元レーザー点群(右)

MMS-G外観(左・中)と、MMSで取得される3次元レーザー点群(右)

 

 

[製品の特長]

 

①小型・軽量化により輸送や着脱が容易

 

・GNSS(※2)アンテナを3本から1本に集約するなど小型化を図り、約50%の軽量化(※3)を実現した。

・本体を2つに分割できる構造により、輸送の容易化と少人数での着脱が可能。

・専用車両が不要で、自動車、鉄道、船舶や台車などに搭載し、多くの計測用途に対応した。

 

※2)GNSS:Global Navigation Satellite System 全地球測位衛星システム
※3:同社製MMS-G220Zとの比較において

 

②多くの場面で高精度な計測を実現

 

・衛星信号を受信できないトンネルでも、慣性航法装置(※4)や車速センサーにより、計測可能。

・高感度カメラの搭載により、夜間でも計測が可能。

 

※4:同装置の位置や速度、方位を検知する装置

 

 

主な構成と仕様

主な構成と仕様

 

③専門作業者なしで計測が可能

 

・独自の計測制御ソフトウエアにより、複雑な設定なしに計測可能。

・計測中の誤差の増減がリアルタイムに確認でき、効率的な計測を実現した。

・付属の後処理ソフトウエアにより、三次元レーザー点群の出力などの計測後のデータ処理が容易。

 

計測時の運用画面(計測制御ソフトウエア使用時)

計測時の運用画面(計測制御ソフトウエア使用時)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。