NEXT MOBILITY

MENU

2019年3月20日【部品・生産】

ヤマハ発、スライダタイプのモータレス単軸アクチュエータ発売

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機・ロゴ

ヤマハ発動機は、自動車部品、電機・電子、医療、食品、化粧品などのさまざまな生産工程(組み立て・搬送・塗布・検査など)に用いるスライダタイプのモータレス単軸アクチュエータ「ロボニティシリーズ(Robonity series/※1)」を、5月7日に発売する。

 

ロボニティシリーズは、主要8社(※2)のモータメーカーに対応。高剛性・コンパクト・ローコストが特徴の「Basicモデル:LBAS」と、高精度・高耐久性が特徴の「Advancedモデル:LGXS」がラインナップされる。

 

 

 

 

「Basicモデル:LBAS」は、ガイドレールとフレームを一体化した新設計構造により、コンパクトかつ高いモーメント剛性を実現。また、「Advancedモデル:LGXS」は、高効率で高精度な研削ボールねじを標準採用し、高い信頼性と耐久性を誇るハイプレシジョンモデル。本体上面に防塵ステンレスシートを採用しクリーン仕様に標準対応している。

 

ヤマハ発動機では、自動化生産ラインに必要なさまざまな産業用ロボットを開発製造しており、単軸ロボット、スカラロボット、垂直多関節ロボット、リニアコンベアなど幅広い製品を展開。

 

今回これら製品群にモータレス単軸アクチュエータが加わえ、より多様な自動化のソリューションを提供。今後、同シリーズのタイプやサイズなど、バリエーション拡充を図っていくとしている。

 

※1. robotとinfinityを合わせた造語で、豊富なバリエーションをそろえるシリーズという意味を込めてネーミング。

※2. Basicモデル。Advancedモデルは3社。

 

 

 

 

[主な特徴]

 

<BasicモデルLBAS>

 

1) コンパクトで高剛性・高精度

 

ガイドレールとフレームの一体化構造により、コンパクトな幅寸法(従来比:約-20%)を実現しつつ、高いモーメント剛性(従来機比+70%~+200%向上)と、高精度(走り平行度±0.02/800mm)を実現した。

 

2) 設置工数の削減・容易なメンテナンス

 

カバーなどの外装部品を外すことなく上面・底面からも本体固定が可能。また側面に基準面、底にはノック穴が開いているため設置が簡単。スライダ側面にはグリースニップルを設け、分解することなくボールねじやガイドへの給脂が行える。モータ取付けは4方向の中から選択ができ、また折曲げ用専用部品を使うことで納入後でも簡単に組替えが可能。

 

・対応モータメーカー:安川電機、三菱電機、キーエンス、オムロン、山洋電気、多摩川精機、デルタ電子、パナソニック

 

 

<AdvancedモデルLGXS>

 

1) 研削ボールねじの標準採用により高精度・高剛性・高耐久性

 

高効率で高精度な研削ボールねじを標準採用し、リード精度はJIS規格の精度等級C5、繰返し位置決め精度は±0.005mmを実現。また高精度な位置決めが可能。さらに静音化と長寿命化も実現。

 

2) 防塵ステンレスシート標準採用でクリーン仕様に標準対応

 

本体上面に防塵ステンレスシ−トを標準装備し、外部からの異物混入を抑止。 また、エア吸引用継ぎ手(タップ)の標準装備により、配管継ぎ手を取り付けて吸引するだけでクリ−ン環境での使用も可能。

 

3) モータ取付方向は折曲げユニットで簡単変更

 

モータの向きを、標準仕様ストレートやモータ折曲げ仕様(右、左)に変更可能。

 

・対応モータメーカー:安川電機、三菱電機、キーエンス

 

 

[Robonity series 基本仕様]

 

<Basicモデル>

 

*1:片振りでの繰り返し位置極め精度。

*2:移動距離が短い場合や動作条件によっては最高速度に達しない場合がある。

*3:定格推力・最大可搬質量は取り付けられたモータが定格のトルクを出力するものと想定した値。

 

 

<Advancedモデル>

 

*1:片振での繰返し位置決め精度。

*2:移動距離が短い場合や動作条件によっては最高速度に達しない場合がある。

*3:定格推力・最大可搬質量は取り付けられたモータが定格のトルクを出力するものと想定した値。

*4:クリーン環境での使用の際は吸引エア継手を取付けて使用すること。また、クリーン度は1,000mm/sec以下で使用された時の洗浄度となる。

*5:必要吸引量は使用条件、使用環境で異なる。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。