NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月24日【経済・社会】

ヤマハ発動機、グラフィットと電動車開発で資本業務提携

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ヤマハ発動機と、和歌山県で乗り物関連のベンチャー事業を行うglafit社は、より多くの人にパーソナルモビリティの利便性を提供することを目的に、効率的かつ効果的な製品開発に向けた業務提携を締結した。

 

今回の業務提携に伴い、ヤマハ発動機はglafit社に対して出資する。

この業務提携により、両社はglafit社の「GFR」シリーズをベースとした派生モデルを開発し、2020年春頃の販売を計画。その後も、両社は電動モビリティにおける強みを最大限に活かして、よりユーザー視点に立った、安心で便利で楽しいモビリティを提供していくとしている。

 

glafit社は、2017年に二輪ノンユーザーをターゲットにした、自転車でも原付スクーターでもない新しい電動ハイブリッドバイク「GFR-01」を発売。今回の資金調達により、製品開発と人員強化を行って経営基盤を強化、和歌山発のモビリティーベンチャーとして株式上場を目指す。

 

 

この提携に際し、ヤマハ発動機・執行役員MC事業本部長の木下拓也 氏は以下のようにコメントしている。

 

「このたびのglafit社への出資と協業につきましては、glafit社のものづくりと乗り物を通じて人への感動を創る想いが、弊社のビジョンと重なり、両社で乗り物の価値と可能性を拡げる使命が共有出来たからです。

 

ヤマハ発動機は、今後もこの様な新たな価値を創造するスタートアップへの支援と同志的結合を通じ、ネットワークで人々の可能性を拡げる活動を続けて行きます。」

 

また、glafit社・代表取締役社長の鳴海禎造 氏は以下のようにコメントしている。

 

「このたびのヤマハ発動機社との業務提携は、私たちの目指している『次世代の乗り物メーカー』へのビジョンに共感頂き、共にモビリティの価値と可能性を広げていく取り組みを、スタートさせる事ができると確信したからです。

 

今後もglafitは、世界中の人々に驚いて感動して頂けるようなプロダクトやサービスを提供して参ります。」

 

 

ヤマハ発動機は、2018年12月11日に、「ART for Human Possibilities」を旗印とする2030年長期ビジョンを発表。ロボティクス技術活用(Advancing Robotics)、社会課題へのヤマハらしい取り組み(Rethinking Solution)、モビリティの変革(Transforming Mobility)を推進することで、人々の可能性を拡げ、より良い社会と生活の実現を目指すとしている。

[会社概要]

 

<ヤマハ発動機>

 

– 会社名:ヤマハ発動機株式会社
– 所在地:〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500
– 代表者:代表取締役社長 日髙 祥博
– 資本金:857億9,700万円(2018年9月末現在)
– 従業員数:10,564人(2017年12月末現在)
– 設立年月日:1955年7月1日
– WEBサイト:https://global.yamaha-motor.com/jp/

 

<glafit社>

 

– 会社名:glafit株式会社
– 所在地:〒640-8032 和歌山県和歌山市南大工町7-1 フォルテ北館
– 代表者:鳴海禎造(なるみ ていぞう)
– 資本金:300万円(2018年9月末現在)
– 従業員数:8人(2018年12月末現在)
– 設立年月日:2017年9月1日
– WEBサイト:https://glafit.com/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。