NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月4日【テクノロジー】

国交省、空港制限区域内での自動走行の実証実験を開始

NEXT MOBILITY編集部

 

国土交通省は、空港地上支援業務の省力化・自動化を推進のため、12月から、空港制限区域内において、国内初となる乗客・乗員等の輸送を想定した自動走行の実証実験を実施する。

 

国交省では、空港地上支援業務の労働力不足により旅行者の利便性が損なわれないよう、官民が連携して先端技術の活用についての検討・検証を行い、空港地上支援業務省力化・自動化を推進。

 

12月から来年2月にかけて、国内初となる空港の制限区域内における乗客・乗員等の輸送を想定した自動走行の実証実験を実施し、実装に向けた課題を抽出する。

 

 

[実施の概要](今後変更の可能性あり)

 

<実施者、空港、時期>
A、豊田通商、仙台空港、 2018年12月10日~12日

B、アイサンテクノロジー ダイナミックマップ基盤、中部空港、 2019年2月頃

C、アイサンテクノロジー ダイナミックマップ基盤、中部空港、(2019年度実施予定)

D、SBドライブ、羽田空港、2019年2月頃

E、愛知製鋼 SBドライブ 先進モビリティ NIPPO 日本電気、羽田空港、2019年1月15日~25日(平日のみ)

F、鴻池運輸 ZMP、成田空港、2018年12月17日~19日

G、 丸紅 ZMP、成田空港、2019年1月28日~30日

H、 丸紅 ZMP、中部空港、2019年2月

 

※以上、公開日の詳細については、国土交通省HPで公表する。

 

 

■(国交省)実証実験の公開日:http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk9_000028.html

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。