NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月22日【テクノロジー】

三菱電機、「車載システム向け多層防御技術」を開発

NEXT MOBILITY編集部

三菱電機・ロゴ

三菱電機は、車載情報機器の多層防御機能を強化し、コネクテッドカーの普及に伴い今後の増加が懸念される、インターネット経由や意図せずにインストールした不正ソフトウエアによる車両制御への攻撃を検知・防御する「車載システム向け多層防御技術」を開発した。

 

 

[開発の特長]

 

○クラウド連携を不要とする車載情報機器上での攻撃検知を実現

 

攻撃手口に着目した独自のログ分析型軽量攻撃検知方式の適用で、これまでパターン照合処理に必要だったクラウド連携を不要とし、複雑な外部からのサイバー攻撃を車載情報機器上で検知する。

 

○高速セキュアブート技術により、システム起動を高速化

 

車載情報機器のソフトウエアの正当性を検証するセキュアブートを高速化。検証しない場合と比較して、車載情報機器の起動時間増加を、従来の同社技術との比較で10%未満に抑えた。

 

 

[開発の概要]

 

 

 

[問い合わせ先]

 

三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
FAX: (0467)41-2142

お問い合わせフォーム:https://www.mitsubishielectric.co.jp/contact/ssl/php/353/kiyaku.php?fid=353

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。