NEXT MOBILITY

MENU

2019年2月8日【新型車】

マツダMX-5、3,000台限定の30周年記念車を世界初公開

NEXT MOBILITY編集部

 

 

マツダは2月8日、MAZDA MX-5(日本名:マツダ ロードスター)の誕生30周年を記念し、専用色「レーシングオレンジ」を採用した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を、2月7日から2月18日まで開催されるシカゴオートショー(Chicago Auto Show/*)で、世界初公開した。

マツダ・ロゴ

マツダは、世界中に30年にわたり100万台以上販売したMX-5を、「このクルマはもはやマツダのものではなく、お客さまのものである」と考えていると云う。

 

そして、MX-5を育たすべての人々に感謝の気持ちを伝えるため、また、これからのMX-5への期待を込めて、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる、朝焼けのようなオレンジ系の特別色「レーシングオレンジ」を開発したとしている。

 

MX-5 30周年記念車は、レーシングオレンジのボディカラーに加え、RAYS社とMX-5用に共同開発した鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)および、シリアルナンバー付オーナメント等を特別採用。ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル合わせて世界3,000台限定で販売される。

 

 

 

 

[特別装備一覧]

 

● ボディカラー:レーシングオレンジ
● RAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)
● “30th Anniversary”オーナメント(シリアルナンバー付)
● オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー)
● RECARO社製シート
● BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)
● Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
● NISSIN社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
● Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー
● Apple CarPlay、Android Auto™対応(市場によって異なります)

 

 

[シカゴオートショー出品一覧]

 

市販予定車:MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(世界初公開)
市販車:MAZDA3、MAZDA6、MAZDA CX-9、MAZDA CX-5、MAZDA CX-3

 

■「マツダ ロードスター」30周年アニバーサリーサイト(日本国内):https://www.mazda.co.jp/beadriver/special/roadster_30th/

 

※日本国内の販売方法は店頭ではなく、上記のWebサイトで公表する予定。

 

 

*:プレスデーは2月7日(木)から8日(金)、一般公開日は2月9日(土)から2月18日(月)まで。マツダのプレスカンファレンスは、2月7日(木)11:30-11:55(現地時間)を予定。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。