NEXT MOBILITY

MENU

2019年9月20日【新型車】

マツダ、世代商品第2弾「MAZDA CX-30」の予約開始

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

マツダは、新世代商品の第2弾となるクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」の予約受注を、全国のマツダ販売店を通じて、9月20日に開始した(*1)。

 

2リットル・ガソリン搭載機種および1.8リットル・ディーゼル搭載機種の販売は10月24日を予定。また、2リットル・スカイアクティブ(SKYACTIV)Xの搭載機種については、来年1月以降の販売を予定している。メーカー希望小売価格(消費税込)は、239万2,500円から。

 

なお、CX-30展示イベントを9月27日(金)から順次、実施する。

マツダ・ロゴ

CX-30は、「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」をコンセプトに、新たに追加されたモデル。

 

外観デザインに、滑らかで伸びやかなボディ曲面と、ホイールアーチ部とボディ下部の幅広クラッディングパネルを採用し、美しさとSUVらしい力強さを表現。

 

車両サイズを全長4,395mm、全高1,540mm、全幅1,795mmとし、高さ制限のある立体駐車場の利用を可能とし、市街地での扱いやすさや乗降しやすいシート高など、日常の使いやすさを追求した。

 

 

 

 

また室内空間においては、大人4人がゆったり過ごせると高い静粛性を確保。運転しやすい広い視界や、適度にホールド感のあるシート、臨場感のあるオーディオシステムに加え、その質感に細部までこだわった。

 

さらに、新世代車両構造技術(*2)、「SKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)2.0(*3)」をはじめとする最新のエンジン、そしてAWD車には「オフロード・トラクション・アシスト」機能を採用。また先進の予防安全技術も搭載している。

 

 

 

 

発表に際して、代表取締役社長兼CEOの丸本明氏は、次のように話している。

 

「CX-30は、市場がSUVにシフトしている中、マツダの基幹車種の一つであるCX-5に続き、ブランドを牽引し、今後のマツダのビジネスを支えていく柱のひとつとなる、重要な商品です。
 これまで接点がなかったお客様も含め、広くマツダ独自の価値をご体感いただき、『お客様と最も強い絆で結ばれたブランド』になることを目指してまいります」。

 

 

[MAZDA CX-30の概要]

 

<デザイン>

 

■エクステリア

 

・「魂動デザイン」の哲学にもとづき、ボディ上部にスリムで伸びやかなプロポーションと、下部の幅広クラッディングパネルによるSUVらしい力強さと安心感を同時に表現。

 

・書道の筆づかいの動きに着想を得て、フロントフェンダーからリアタイヤへとスピード感ある弧を描いたショルダー部は、ひと筆書きの強い光で動きを表現。その下のボディ面は、クルマの動きとともに周囲の景色がS字型に揺らめきながら映り込む、光の移ろいを表現。

 

■ボディカラー

 

・外板色を全8色とし、「カラーも造形の一部」と考え開発された「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアムメタリック」に加え、MAZDA3で新開発の「ポリメタルグレーメタリック」も設定。

 

■インテリア

 

・コクピットは、ドライバー中心に表示機器、操作スイッチ等を左右対称にし、それらをドライバーへ向けて正対させるように配置。クルマとの一体感を強め、心地よい「包まれ感」を表現。

 

・助手席は、メーターフードを起点に、助手席側のドアトリムまでカーブを描くウイング状のフード造形を採用。ウイングの縁部分の縫製や末端部の金属加飾によって、室内全体の上質さを引き立てるなど、居心地のよさと安心感を表現。

 

■内装トリム

 

・内装に、リッチブラウンとネイビーブルーの内装をラインアップ。リッチブラウン内装には、黒と白の本革シートを設定(*4)し、ネイビーブルー内装には、グレージュと黒のファブリックシートを設定(*5)。

 

<使い勝手>

 

■外観寸法

 

・混雑した市街地や縦列駐車などでも取り回ししやすい全長として4,395mm、また立体駐車場を気軽に使える寸法として全高1,540mm、全幅1,795mmを設定。クロスオーバーSUVとして最低地上高(175mm)を確保しながらも、地面から着座位置までの高さを最適化。

 

■室内空間

 

・前席は、乗員間の間隔を「CX-5」同等の広さを確保。幅広のセンターアームレスト・ドアアームレストの採用で、快適な着座姿勢を提供。

 

・後席は、前席との距離を長めに取るとともに、着座位置の高さとフロア高を調整することで、大きな体格の乗員でも余裕を持って着座できる頭上空間を確保。

 

・全席の着座位置と距離を最適化することで、一人ひとりのスペースを確保しつつ、会話のしやすい室内空間とした。

 

■荷室

 

・大型ベビーカーと旅行用バッグなどを同時に積載できる430L(*6)の荷室容量と1,020mmの開口幅を確保。さらに、開口部下端の高さを731mmとすることで、大きな荷物や重たい荷物の積み降ろしの際の体への負担を軽減。

 

・「パワーリフトゲート」を、20Sを除くすべての機種に標準設定。「CX-30」では、リアゲートを開閉するダンパーの一部部品を樹脂製にするなど、滑らかな動きと静かな作動音を実現。

 

<走行性能>

 

■パワートレイン

 

・3種類のSKYACTIV エンジンを設定。

 

– 2.0リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」
– 1.8リッター直列4気筒直噴クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」
– 2.0リッター新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X 2.0」(*3)

 

・「SKYACTIV-G 2.0」、「SKYACTIV-X 2.0」搭載機種には、6速オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」とともに、6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV-MT」を設定(「SKYACTIV-D 1.8」搭載機種には、「SKYACTIV-DRIVE」を設定)。

 

 

CX-30 SKYACTIV-X 2.0

CX-30 SKYACTIV-X 2.0

 

 

■新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」

 

・乗車時においても、人間のバランス能力が発揮できる状態をつくるため、シート、ボディ、シャシーを連携させながら、人間の特性にもとづいた造り込みを徹底。違和感や不安感、不快感のない、人間の感覚にフィットした乗り心地と操縦安定性を実現。

 

・シートに、骨盤をしっかり立てると同時に、シートバック上部で胸郭重心を支えることで、脊柱のS字カーブを維持できる構造を採用。そのうえで座面やシートバックの形状、シートのバネ定数を最適化。歩行時のように、無意識のうちにバランスをとって、頭部を安定させることをサポート。

 

・剛性とエネルギー伝達効率をさらに高めたボディ構造により、ダンパーやタイヤの機能を最大限に発揮できるようにした。さらに、路面からのエネルギーを特定の部位へ集中させ、エネルギーを吸収させる効果を持たせた減衰構造により、騒音の原因となる振動を、効果的に低減。

 

・マクファーソンストラット式(フロント)およびトーションビーム式(リア)のサスペンションシステムを採用。「MAZDA3」で新採用した技術や構造をもとに、高めの車高に合わせてロアアームの角度やロールセンター高を最適化。

 

 

CX-30 ボディー構造

CX-30 ボディー構造

 

 

■AWDシステム「i-ACTIV AWD」

 

・新たにタイヤの動きやGセンサー等の情報から車両の走行状態をリアルタイムに検知し、路面状況やタイヤの荷重状態の変化を素早く予測、自動的にトルクを配分するG-ベクタリング コントロール(GVC/*7)との協調制御を採用。

 

 

CX-30 シャシー AWD

CX-30 シャシー AWD

 

 

■オフロード・トラクション・アシスト

 

・新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化。

 

<先進の予防安全技術と快適装備等>

 

・「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」の考え方にもとづき、わき見や居眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング(*8)」、追従走行機能とステアリングアシスト機能により安心・安全な運転をサポートする「クルージング&トラフィック・サポート(CTS/*9)」など、最新の安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス/*10)」を搭載。

 

・騒音や振動を小さくするとともに、乗員が感じる音や振動を感覚に沿って変化させていくことで、居心地の良さを感じられる静粛性を追求。

 

・音響システムは、各スピーカーの位置と方向を刷新し、必要な音だけが心地よく耳に届くオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ・ハーモニック・アコースティックス)」(8スピーカー)を標準設定。また、音の立体感や明瞭度を磨き上げたBoseサウンドシステム(12スピーカー)を、メーカーオプションで設定(*11)。

 

・すべての機種に車載通信機を標準設定。コネクティッドサービス(*12)とスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携による利便性の向上や緊急通報サービスを提供。

 

 

[全国都市展示イベント]

 

CX-30展示イベントを9月27日(金)から順次、下記の会場で実施する。

 

– 9月27日(金)~29日(日):東京ミッドタウン日比谷(東京都千代田区)
– 10月4日(金)~6日(日):イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)
– 10月18日(金)~20日(日):JR名古屋駅(愛知県名古屋市)
– 10月25日(金)~27日(日):広島T-SITE(広島県広島市)
– 12月9日(月)~15日(日):JR博多駅(福岡県福岡市)
– 12月20日(金)~22日(日):グランフロント大阪(大阪府大阪市)

 

※イベント専用サイト:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/event/exhibition/

 

 

[販売計画台数]

 

2,500台(国内・月間)

 

 

[メーカー希望小売価格(消費税込)] (※写真掲載機種)

 

* 上記価格には保険料、税金(消費税を除く)は含まれない。また、購入時にリサイクル料金10,010円が別途必要。
* 特別塗装色「ソウルレッドクリスタルメタリック」を選択した場合は、66,000 円高(消費税 10%込)。
* 特別塗装色「マシーングレープレミアムメタリック」を選択した場合は、55,000 円高(消費税 10%込)。
* 特別塗装色「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を選択した場合は、33,000 円高(消費税 10%込)。

 

 

*1:SKYACTIV-G 2.0搭載機種およびSKYACTIV-D 1.8搭載機種は、2019年10月24日から全国のマツダ販売店で販売開始予定。SKYACTIV-X 2.0搭載機種の販売開始時期は、2020年1月以降の予定。
*2:理想の運転姿勢を「人間が歩いている時の姿勢」と定義し、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した、新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」。

*3:「SKYACTIV-X」は、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」を実用化した、世界初(マツダ調べ)の内燃機関。ガソリンエンジンの伸びの良さに、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・応答性といった特長を融合。さらに、マイルドハイブリッドシステム「M Hybrid(M ハイブリッド)」を組み合わせ、効率的なアシストによって燃費性能の向上に貢献。

*4:「20S L Package」「XD L Package」「X L Package」に設定。

*5:「20S PROACTIVE」「20S PROACTIVE Touring Selection」「XD PROACTIVE」「XD PROACTIVE Touring Selection」「X PROACTIVE」「X PROACTIVE Touring Selection」に設定。「20S」には、ブラックのファブリックシートのみ設定。

*6:VDA方式(サブトランクを含む)での、社内計測値。

*7:G-Vectoring Control:車両の加速度(G)を方向付ける(Vectoring)制御(Control)は、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、車両の横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールし、車両の姿勢や挙動を安定化させる、マツダ独自の制御技術。GVCプラスでは、ブレーキによる車両姿勢安定化制御を追加することで、旋回中のドライバーのハンドル戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで、さらに安定性を向上させている。

*8:すべての機種にメーカーオプション設定。
*9:「20S L Package」「20S PROACTIVE Touring Selection」「XD L Package」「XD PROACTIVE Touring Selection」「X L Package」「X PROACTIVE Touring Selection」に標準設定。「20S PROACTIVE」「XD PROACTIVE」「X PROACTIVE」に、メーカーオプション設定。

*10:ドライバーへの認知支援および衝突回避サポートや被害軽減を図るマツダの先進安全技術の総称。

*11:「20S」を除く全機種に、メーカーオプション設定。

*12:利用にあたっては、店頭での契約手続きが必要。サービス利用料は、サービス利用開始から3年間は無償で、4年目以降は有償となる。

*13:WLTCモード燃費は国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値。使用状況(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なる。

・WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。

市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。
郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。
高速道路モード:高速道路等での走行を想定。

*14:自動車税(環境性能割)は、新車時の環境性能に応じて自家用登録車は、非課税または1~3%が課税される(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減される。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられる。

 

 

■MAZDA CX-30:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。