NEXT MOBILITY

MENU

2019年3月12日【環境/エネルギー】

JXTG、千葉市美浜区に新しい水素ステーション開所

NEXT MOBILITY編集部

 

 

JXTGエネルギーは3月12日、千葉市美浜区に千葉幕張水素ステーションを開所した。

 

同日開催された式典では、関東経済産業局資源エネルギー環境部長の福島氏、千葉県商工労働部長の吉田氏、千葉市環境局長の米満氏、日本水素ステーションネットワーク(JHyM/※)社長の菅原氏が祝辞を述べ、テープカットおよび充填セレモニーが行われた。

JXTG・ロゴ

JXTGエネルギーでは、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏を中心に商用水素ステーションの整備を進めており、41カ所目となる千葉幕張水素ステーションでは、初めて「都市ガス改質方式」が採用された。

 

 

 

 

また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、交通手段として燃料電池自動車(以下、FCV)の活躍が見込まれることから、JXTGエネルギーでは、競技会場から近距離にある同ステーションに多くのFCVが訪れることを期待。同ステーションを通じて、東京2020ゴールド水素パートナーとして大会の運営を支えていきたいとしている。

 

なお、千葉幕張水素ステーションは、JXTGエネルギーが日本水素ステーションネットワーク(JHyM)と共同設置する1号店となる。

 

 

[千葉幕張水素ステーション 概要]

 

– 営業開始日:2019年3月12日

– 所在地:千葉県千葉市美浜区浜田2-43-5

– 運営者:株式会社ENEOS水素サプライ&サービス

– 敷地面積:1,000㎡

– 供給方式:オンサイト方式(水素製造装置をステーション内に設置)

 

※インフラ事業者、自動車メーカーおよび金融投資家などが参加し、オールジャパンでの協業により、戦略的な水素STの整備と効率的な運営に取り組むことを目的に2018年2月に設立。

 

 

■日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM):https://www.jhym.co.jp/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。