NEXT MOBILITY

MENU

2019年7月23日【テクノロジー】

ボッシュとダイムラー、運転手不要の自動駐車技術を州当局が承認

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツのボッシュとダイムラーは7月23日、シュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツ博物館の駐車場に設置した自動バレーパーキングにおける、世界初となるSAEレベル4(※1)のドライバーレス完全自動駐車機能の日常利用が、バーデン・ヴュルテンベルク州の関係当局から正式承認されたと、発表した。

 

この自動バレーパーキングサービスは、スマートフォン・アプリからアクセスするだけで利用可能、また安全を監視するためのドライバーも不要だと云う。

 

 

 

 

承認に際して、ボッシュ取締役会メンバーのマルクス・ハイン氏は、以下のように話している。

 

「関係当局のこの決定により、自動バレーパーキングのような革新技術をドイツで初めて利用できるようになりました。ドライバーレスの運転と駐車は、未来のモビリティの重要な構成要素です。自動バレーパーキングは、私たちがこの開発路線に沿ってどれだけ歩みを進めたかを如実に示したものだと言えます」。

 

また、ダイムラーで運転テクノロジーと自動運転の責任者を務めるMichael Hafner氏は、以下のように話している。

 

「バーデン・ヴュルテンベルク州の関係当局からこの承認を受けたことで、世界中の駐車場の駐車サービスについて今後承認を受けるための重要な前例となるでしょう。自動運転のパイオニアである私たちのプロジェクトは、自動バレーパーキングが今後量産体制に移行する道筋をつけることになりました」。

 

 

 

 

■動作の安全性を最重要視

 

ボッシュとダイムラーは、このプロジェクトの開始当初から安全性を最重視してきたと云う。

 

プロジェクトでは、ドライバーレス自動運転機能の正式な承認手続きに入る前から、シュトゥットガルトの行政当局とバーデン・ヴュルテンベルク州交通省が、ドイツの技術検査協会であるラインラントTÜVのスペシャリストたちとともに、自動バレーパーキングの動作安全性を評価するため、監督。

 

その結果、このプロジェクト以外にも適用できる適切な試験と、承認基準を含めた包括的な安全性コンセプトが誕生。同コンセプトにおいて、開発者は、無人運転車両が歩行者や他の車両をどのように検出し、障害物に遭遇した時に確実に停止するのかを定義。また、すべてのシステムコンポーネント間の安全な通信を確立し、駐車動作が確実に行われるための措置を講じている。

 

 

 

 

■ドライバーレスパーキングの仕組み

 

自動バレーパーキングでは、ドライバーが駐車場の所定の位置まで乗り入れ降車。スマートフォンの画面をタップすると、車両は自ら、駐車スペースに入っていく。そしてドライバーが駐車場を出ると、車両は割り当てられたスペースに移動して駐車。帰る時も、所定の位置にドライバーが来ると、車両はその位置まで自動的に戻ってくる。

 

 

 

 

このプロセスは、ボッシュ提供のインテリジェントな駐車場インフラと、 メルセデス・ベンツ提供の車両技術の相互作用によって実現。駐車場内に設置されたセンサーが、駐車スペースまでの経路や周囲の状況を監視し、車両の誘導に必要な情報を提供し、車両に組み込まれたテクノロジーが、インフラからの指示を元に運転操作を行う。

 

このようにして、車両はスロープを上ったり下ったりしながら駐車場の中を行き来し、インフラのセンサーが障害物を検知した場合には、車両はただちに停止する。

 

 

 

 

■自動バレーパーキングパイロットの次なる目標

 

ボッシュとダイムラーは、2015年に全自動ドライバーレスパーキングの開発を開始し、2017年夏には、シュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツ博物館の駐車場で、実際の条件下でドライバー付き、ドライバーレスどちらにも対応した自動バレーパーキングパイロットソリューションを設置し、一般公開した。

 

両社はこの初公開を経て、集中的なテストおよびスタートアップ段階に進み、2018年初めから安全スタッフのサポートを条件とする、来館者による自動駐車サービスを開始した。

 

また、このパイロットプロジェクトには、ターコイズ(青緑)のライトが、車両の自動運転モードで動作中であることを歩行者や他の道路利用者に伝えるライティングコンセプトのテストも含まれており、これらテストで得られた知見は、SAE規格3134に反映されている。

 

ボッシュとダイムラーは、このバレーパーキングサービスが、セーフティドライバーのサポートを受けることなく体験できるよう、関係当局からの最終承認を次の重要なマイルストーンの1つとして掲げている。

 

 

※1:SAEレベル4:地理的に限られたエリアでのドライバーレス運転、SAE(Society of Automotive Engineers)がJ3016で発表した定義による。

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。