NEXT MOBILITY

MENU

2019年11月25日【新型車】

トヨタ、フルサイズ高級ワゴン「グランエース」を12/16発売

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車・ロゴ

トヨタ自動車は、セミボンネット(*1)パッケージを採用したフルサイズ高級ワゴン(*2)の新型車「グランエース(*3)」を、全国のトヨタ車両販売店を通じて12月16日から販売する。

 

グランエースには、2グレードを設定。3列シート6人乗りの「Premium」の価格は650万円(*4)、4列シート8人乗りの「G」は620万円(*4)。

 

*1:パワートレーンの後端上に運転席が配置され、ごく短いボンネットを持つ車両形状。
*2:全長5m以上のフルサイズと呼ばれるボディをもつ。
*3:スペイン語で「大きな/偉大な」を意味する「GRAN」と、英語で「第一人者・優れた者」を意味する「ACE」からの造語。
*4:メーカー希望小売価格(消費税込み)。

 

 

[販売概要]

 

– 販売店:全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店、ならびにトヨタモビリティ東京株式会社
– 販売目標台数:600台/年
– 生産工場:トヨタ車体株式会社 いなべ工場

 

 

[メーカー希望小売価格] (単位:円)

 

<グレード、定員(人)、駆動、エンジン、トランスミッション、価格(*/消費税込み)>
– G、8、2WD(FR)、1GD-FTV [直噴ディーゼルターボ](2.8L)、6 Super ECT、6,200,000

 

– Premium、6、2WD(FR)、1GD-FTV [直噴ディーゼルターボ](2.8L)、6 Super ECT、6,500,000 ◎

 

◎:掲載写真。
6 Super ECT:スーパーインテリジェント6速オートマチック。
*:北海道、沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない。

 

 

 

 

[車両概要]

 

<外形スタイル>

 

・金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合。上下、左右方向に張り出すことで、華やかかつ、強い押し出し感を演出したフロントビュー。

グリル枠と連続し、ヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプ(*5)と、クロム加飾フレームで囲んだプロジェクター式2眼LEDヘッドランプにより高級車に相応しい先進性を強調。

 

 

・クラッディングパネル(*6)、およびリヤバンパーの下端まで連続した金属調加飾モールにより、低重心、堂々とした佇まいを演出したサイドビュー。

 

・リヤコンビネーションランプのLEDの光の帯により先進性を強調したリヤデザイン。上方向を指し示す特徴あるデザインのリヤコンビネーションランプとバックドアガーニッシュを組み合わせ、高い位置にレイアウトすることで堂々とした風格を表現。

 

 

 

・17インチタイヤ設定の削り出しの質感と金属調塗装のアルミホイールにより高級感を演出。大きく見せる放射状のスポークデザインにより、どっしりと車体を支える印象を強調。

 

・全長5,300mm、全幅1,970mmのワイドなサイズにも関わらず、最小回転半径5.6m(17インチタイヤ装着時)を達成。最適なステアリング切れ角とギヤ比設定により、タイヤの滑らかな動き、市街地での取り回しの良さを実現。

 

 

 

 

・外板色は、華やかなホワイトパールクリスタルシャイン(オプション設定)に、高級感漂うブラックなど全4色。

 

*5:クルマのフロント部に配置して昼間に点灯させるライト。
*6:ホイールアーチやボディ下部に取り付けられる樹脂製パネル。

 

<室内空間>

 

・室内長3,290mm、室内幅1,735mmもの空間に、3列シート6人乗りに加え、4列シート8人乗りの2タイプを設定。

 

 

Premium(3列シート6人乗り)

Premium(3列シート6人乗り)

G(4列シート8人乗り)

G(4列シート8人乗り)

 

 

・3列シートの「Premium」は、2列目ならびに3列目の4席に、ゆったりとくつろげる専用のエクゼクティブパワーシートを採用。座り心地に加え、ロングスライド機構やパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなどを装備し利便性や快適性の良さも追求。

 

 

Premium ゼクティブパワーシート

Premium ゼクティブパワーシート

 

 

・4列シートの「G」は、2列目にエグゼクティブパワーシート、3列目にレバー操作でシート調整可能なリラックスキャプテンシートを設定。4列目には、ワンタッチで座面が跳ね上がる6:4分割チップアップシートを採用するなど、乗車人数や手荷物の量にフレキシブルに対応。

 

 
G リラックスキャプテンシート

G リラックスキャプテンシート

 

 

・ブラックを基調とした低くワイドなインストルメントパネルは、空調吹き出し部に金属調加飾を、助手席正面に木目調加飾を配して華やかさを演出。

 

・メーターフードには表皮巻きと本ステッチを実施。また、ステアリングホイールには本革を使用し木目調加飾と組み合わせるなど、上質なインテリアを追求。

 

 

Premium(3列シート6人乗り)

Premium(3列シート6人乗り)

 

 

・引き締まった空間を演出するブラックを基調とした内装色。天井色には華やかなフロマージュを配色し、オプションとしてブラックを設定(*7)した。シート色との組み合わせにより、気品の高さを表現。

 

・スライドドアの開口幅を1,000mmと大きく設計し、後席への乗降性に配慮。

 

・後席乗員を包み込むよう、フロントシート背面からサイドトリムに向かって配した木目調加飾。加飾に沿って灯されるLEDサイドカラーイルミネーションなど、上質感を創出。

 

 

パワースライドドア(左)とLEDサイドカラーイルミネーション(右)

パワースライドドア(左)とLEDサイドカラーイルミネーション(右)

 

 

・事前予約(*8)のうえ、スマートキーを携帯し車両に近づく(*9)とスライドドアが自動的に解錠し開くウェルカムパワースライドドア機能を搭載したスマートエントリー&プッシュスタートシステムを全車標準採用。さらに、スライドドアが閉じ始めると、スマートドアロックを受け付け、完全に閉じたタイミングで自動的に施錠する予約ロック機能も設定。

 

*7:Premiumのみ設定
*8:スマートキーで予約操作。予約の有効時間は約20分以内。
*9:室外検知エリアは、左右スライドドアのドアハンドルから約半径0.7m~1.5m以内。

 

 

 

 

<走行安定性および静粛性>

 

・1GD 2.8Lクリーンディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションの搭載で、高級車に求められる滑らかさ・静粛性に加え、低回転からトルクフルな走行を実現。WLTCモード走行燃費10.0km/L(*10)を達成。

 

 

2.8L 直列4気筒ディーゼルエンジン

2.8L 直列4気筒ディーゼルエンジン

 

 

・DPR(*11)や尿素SCR(*12)システムの採用で、窒素酸化物(NOx)を大幅低減。排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応。

 

 

1GDエンジン構成

1GDエンジン構成

 

 

・FRレイアウトを採用。アンダーボディを、サイドメンバーをストレートに通すストレートラダー構造とし、フロア面のねじれ剛性を確保。さらには、各ピラーをアンダーボディと結合した環状骨格構造を用いることで、高剛性ボディを実現。

 

 

ストレートラダー構造

ストレートラダー構造

 

 

・サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式独立懸架、リヤはトレーリングリンク車軸式を採用。高いボディ剛性に対して、サスペンションジオメトリの最適化やストロークを確保することで、接地感ある上質な乗り心地と高い走行安定性を実現。

 

 

トレーリングリンク車軸式リヤサスペンション

トレーリングリンク車軸式リヤサスペンション

 

 

・エンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにサンドイッチ鋼板(*13)を使用するなど、制振材・吸遮音材を効果的に配置。様々な路面環境においても高級ワゴンにふさわしい優れた静粛性を追求。

 

・低くワイドなインストルメントパネルにメーター配置を工夫することで、広い前方視界を確保。さらに、フロントピラーのスリム化、三角窓の拡大、低いベルトラインなどにより、優れた側方視界を確保。

 

*10:国土交通省審査値。WLTCモードは市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。
*11)DPR:Diesel Particulate active Reduction System。
*12)SCR:Selective Catalytic Reduction。
*13:鋼板と鋼板の間に制振材などを挟み込んだ積層構造の複合鋼板。

 

 

 

 

<先進装備>

 

・ディスプレイオーディオ(DA)とDCM(*14)を標準装備。安心・便利なコネクティッドサービスを提供可能。

 

・SmartDeviceLink(*15)に対応するTCスマホナビや、音楽・ラジオアプリなどをDA上に表示して操作可能とし、LINEカーナビでは音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能。

 

・Apple CarPlay、Android AutoなどのDA上での操作・利用が可能(TVとセットオプション、契約時にT-Connect契約が必要)。

 

・従来の車載用ナビ機能を利用したい場合には、T-Connectナビキットを用意(オプション)。

 

 

ディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオ

 

 

・歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備。

 

・駐車時など、静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、駐車場での後退時に左右後方から接近する車両を検知し衝突の可能性がある場合、ブレーキを制御するリヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]、切替レバーを操作することで、車両後方カメラの映像をミラー内のディスプレイに表示するデジタルインナーミラーなど、安全・安心をサポートする機能も充実。

 

 

 

 

*14)DCM:Data Communication Module。
*15:SmartDeviceLinkは、スマートフォンをBluetoothで接続することで、TCスマホナビやLINEと協業し提供するナビアプリ LINEカーナビなどのナビアプリのほか、様々なアプリをディスプレイオーディオ上で使用できる(アプリによってはUSBケーブルの接続が必要)。

 

 

■(トヨタ)グランエース:https://toyota.jp/granace/

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。