NEXT MOBILITY

MENU

2019年11月12日【経済・社会】

2020年次RJCカーオブザイヤー決定

NEXT MOBILITY編集部

 

日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「第29回(2020年次)RJCカーオブザイヤー」の最終試乗と公開投開票が、11月12日、栃木県のツインリンクもてぎで行われた。

 

その結果、国産車部門を「日産デイズ/三菱eKワゴン」が、また輸入車部門を「BMW3シリーズ」、テクノロジー部門を「日産プロパイロット2.0」、そして特別賞部門を「急速充電規格・CHAdeMO(チャデモ)」が受賞した。

RJC・ロゴ

[各車&技術の得票と授賞理由]

 

<RJCカーオブザイヤー(国産車)>

 

■授賞車:日産自動車/三菱自動車工業 デイズ/eKワゴン

 

 

■授賞理由:

 

新開発のプラットフォーム、パワートレインの採用により、優れた居住性、積載性を実現するとともに、走行性能、環境性能も向上。また、軽自動車では初めて先進運転支援システム「プロパイロット」(三菱名「マイパイロット」)を搭載することでドライバーの負担を軽減し、軽自動車の活用領域を大きく広げた。

 

■得票:

 

<順位、得点、車名、メーカー名>
1、224、デイズ/eKワゴン、日産自動車/三菱自動車工業

2、194、タント、ダイハツ工業

3、152、N-WGN、本田技研工業

4、146、MAZDA 3、マツダ

5、138、RAV4、トヨタ自動車

6、112、スカイライン(3.0Lモデル)、日産自動車

 

 

 

<RJCカーオブザイヤー・インポート(輸入車)>

 

■授賞車:BMW 3シリーズ

 

 

■授賞理由:

 

ミドルクラスのスポーティセダンとして、高い走行性能を実現するとともに、先進安全装備も充実。特に日本で初認可されたハンズオフ・システムやリバース・アシスト、AIを活用したインテリジェント・パーソナルアシスト等の採用により、日常域での使い勝手や安全性も高めた。

 

■得票:

 

<順位、得点、車名、インポーター/ブランド名>
1、245、BMW 3シリーズ、ビー・エム・ダブリュー
2、186、V60 Cross Country、ボルボ・カー・ジャパン
3、170、BMW 1シリーズ、ビー・エム・ダブリュー
4、157、レンジローバー イヴォーク、ジャガー・ランドローバー・ジャパン
5、136、BMW Z4、ビー・エム・ダブリュー
6、72、VW ゴルフ(DEモデル)、フォルクスワーゲン グループ ジャパン

 

 

 

<RJCテクノロジーオブザイヤー(技術)>

 

■授賞車:日産自動車 プロパイロット2.0

 

 

■授賞理由:

 

カメラ、レーダー、ソナーに加え、GPS、3D高精度マップのデータも活用することで、高速道路上の同一車線内でのハンズオフを可能にするとともに、追い越しを含めた車線変更、分岐などの走行も支援。また道路状況をカーブの先まで高精度に把握、安定してスムーズな走行を可能にしてドライバーの負担を大きく軽減させた。

 

■得票:

 

<順位、得点、技術名、搭載車種名>
1、245、プロパイロット2.0、日産 スカイライン(HVモデル)
2、174、日本初認可 ハンズオフ・システム、BMW 3シリーズ
3、167、DNGA (Daihatsu New Global Architecture)、ダイハツ タント
4、138、スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー、MAZDA 3/MAZDA CX-30
5、133、ダイナミック トルク ベクタリング AWD、トヨタ RAV4
6、109、日本初 リバース・アシスト 、BMW 3シリーズ

 

 

<RJC特別賞>

 

■授賞:急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」/一般社団法人CHAdeMO協議会

 

■授賞理由:

 

世界に先駆けて設定された急速充電規格で、その優れた規格内容によりCHAdeMO充電器を着実に世界に広めている。また、急速充電の大出力化に取り組むなど進化を続けており、世界的な電気自動車の普及に大きな役割を果たしている。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

onda