NEXT MOBILITY

MENU

2019年3月28日【テクノロジー】

インテル、物流可視化プラットフォームを日本で本格展開

NEXT MOBILITY編集部

 

 

インテルは、物流業界向けのIoTソリューションとして、サプライチェーンにおける荷物の輸送状況をリアルタイムで分析・可視化する「インテル コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム(インテルCLP)」を、日本市場向けに本格展開する。

 

インテルCLPは、デジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援するIoTソリューションを、小売りや製造、ヘルスケアなど各産業の固有ニーズに合わせて提供可能にすると云う。

インテル・ロゴ

物流業界では、毎年、世界で輸送貨物全体の30%が損傷、遅延、または盗難などの被害にあっていると言われ(*1)、大きな経済的損失に。また、医薬品や精密機器などの輸送では、厳格な温度管理や高度なセキュリティーなど、高い輸送品質が求められている。

 

 

 

 

このような課題解決に向け、インテルでは、輸送状況の可視性と保全性の向上のためのソリューションとしてインテルCLPを開発。

 

位置情報、温度、湿度、輸送時の問題など、サプライチェーン上の荷物の輸送状況をリアルタイムに分析・可視化。迅速な意思決定や、荷物の損傷の早期発見や損傷状況の把握、輸送経路の最適化など、リスクの軽減やコスト削減の実現を可能にすると云う。

 

 

 

 

なおインテルは、日本通運が開発した輸送状況可視化の「Global Cargo Watcher Advance」にインテルCLPを提供。同サービスは2月から提供が開始されている。

 

 

[インテルCLPの特徴]

 

インテルCLPは、センサー・タグ、ゲートウェイ、クラウドで構成され、荷物に取り付けられたセンサー・タグが荷物に関するデータ(温度など) を収集、独自の無線センサー・プロトコルにより、ゲートウェイを経由し、クラウドへデータを送信する。

 

■荷物レベルのデータ取得

 

荷物の位置、状態(温度、湿度)、取り扱い方(傾き、落下、衝撃、振動、箱の開放) をパッケージ単位で個別に追跡可能。

 

■導入コストの軽減

 

独自のセンサー・プロトコルの採用により、3G/4G ネットワークと比べて低価格なデバイス価格を実現。さらに、使い捨てのセンサー・タグにより、デバイス回収コストを削減。

 

■リアルタイム性

 

パッケージ単位で取得されたデータはリアルタイムで監視可能。また、損傷や開梱、盗難、ガイドラインに反する取り扱い(傾き、温度、湿度など)が発生した際のアラート機能により、迅速な対応が可能。

 

■輸送貨物の全行程におけるデータ保護

 

センサー・タグからゲートウェイ、クラウド至るデータに含まれる機密性の高い情報を暗号化して保護するとともに、ハードウェアおよびソフトウェア双方のセキュリティー技術を組み合わせ高度なセキュリティーを確保。

 

 

■Intel Connected Logistics Platform(英語):https://www.intel.com/content/www/us/en/logistics-and-supply-chain/connected-logistics-platform/overview.html

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

onda