NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月29日【物流】

国交省、ダブル連結トラック本格導入へ

NEXT MOBILITY編集部

国土交通省・ロゴ

国土交通省は、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能なダブル連結トラックの導入を「生産性革命プロジェクト」と位置づけ、平成28年10月から、実証実験を進めてきた。

 

今回、この実験により、省人化の効果や走行の安全性等が確認されたとして、特殊車両通行の許可基準を緩和し、1月29日から、新東名を中心にダブル連結トラックの本格導入を開始する。

 

 

ダブル連結トラックの実験の経緯

ダブル連結トラックの実験の経緯

 

 

[実験結果の概要]

 

・通常の大型トラックと比べて、ドライバー数は約5割削減、CO2排出量は約4割削減。

 

・カーブ区間の急ブレーキも発生しておらず、横揺れやふらつきの発生も確認されていない。

 

<ダブル連結トラックの実験結果概要(省人化・環境負荷低減効果)>

 

 

<ダブル連結トラックの実験結果概要(車両の安定性)>

 

 

 

[特殊車両通行許可基準(通達)の改正概要]

 

・ダブル連結トラックをはじめとするフルトレーラ連結車の車両長の限度を、現行の21mから25mへ緩和。

 

・走行対象路線:主たる経路が新東名区間(海老名~豊田東)。

 

・車両の技術要件:アンチロックブレーキシステム、車線逸脱警報装置、ETC2.0装着 等。

 

・ドライバーの要件:大型自動車免許5年以上保有及び牽引免許5年以上の保有、2時間以上の訓練の受講 等。

 

<ダブル連結トラックに関する特車許可基準の改正概要>

 

 

 

[今後の取組み]

 

・ダブル連結トラックの利用促進に向け、高速道路SA・PAでの優先駐車マスの整備や、物流事業者のニーズを踏まえた対象路線の拡充等を実施。

 

また、積載効率を向上し、生産性向上を図る観点から、自動車運搬用セミトレーラ連結車が運搬する自動車を、後方にはみ出して積載して通行する場合の車両長に関する基準を新たに設定。

 

<自動車運搬用セミトレーラ連結車の基準緩和の概要>

 

 

 

[問い合わせ先]

 

<特殊車両通行許可基準の改正内容について>

 

– 道路局 道路交通管理課 車両通行対策室 竹下

電話:03-5253-8111(内線 37432)直通 03-5253-8483 FAX:03-5253-1617

 

<ダブル連結トラック実験について>

 

– 道路局 高速道路課 有料道路調整室 高戸

電話:03-5253-8111(内線 38382)直通 03-5253-8491 FAX:03-5253-1619

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。