NEXT MOBILITY

MENU

2018年11月6日【環境/エネルギー】

Jバイオフードリサイクルの食品リサイクルプラントが本格稼動

NEXT MOBILITY編集部

 

JFEエンジニアリンググループとJR東日本グループ等により設立された株式会社、Jバイオフードリサイクルの食品リサイクルプラントが、8月に完成し、食品リサイクル・バイオガス発電事業を開始した。

 

また、本格的な発電開始に伴い、11月6日に発電式が行われた。

国内の食品ロスは、年間632万トン(平成25年度推計:農林水産省)。その多くが焼却処分されている。

 

JR東日本グループの駅ビルやエキナカ等から発生する食品廃棄物は、脂分や塩分、包装等の混入が多く、飼料化や肥料化による再生利用は限られてたと云う。

 

この課題を解決するため、JFEエンジニアリンググループとJR東日本グループは、Jバイオフードリサイクルを設立し、食品廃棄物を再生可能エネルギーに変える事業を開始。食品廃棄物(日量80t)を微生物により発酵させて、発生するメタンガスを燃料にして発電を行う。

 

食品リサイクルプラントの発電出力は1,800kWで、年間約11,000MWh発電量を想定、これは一般家庭の約3,000世帯分に当たる。

 

発電された電力は、施設で消費する他、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を活用して、JFEエンジニアリング100%出資の電力小売会社、アーバンエナジーに売電されるとのことだ。

 

[会社概要]

 

– 会社名:株式会社Jバイオフードリサイクル
– 所在地:横浜市鶴見区弁天町 3 番地1
– 代表者:蔭山佳秀
– 事業内容:食品リサイクル・バイオガス発電事業
– 資本金:6,000 万円
– 設立年月日:2016 年 8 月 1 日
– 出資者ならびに出資比率 :

JFEエンジニアリング株式会社 10%、JFE環境株式会社 56%、東日本旅客鉄道株式会社 17%、株式会社東日本環境アクセス 17%

 

■Jバイオフードリサイクル:http://www.j-bio.co.jp/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。