NEXT MOBILITY

MENU

2021年6月28日【イベント】

オジエ、2021年WRC第6戦で今シーズン4回目の勝利

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

TOYOTA GAZOO Racing(以下「TGR」)は6月28日、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦サファリ・ラリー・ケニアの結果を発表した。

 

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(ヤリスWRC 1号車)が優勝。今シーズン4勝目を飾り、ドライバー選手権首位の座を守った。

 

また、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムの勝田貴元/ダニエル・バリット組(18号車)が、自己最高位の総合2位でフィニッシュ。WRCで初めて表彰台を獲得した。

TOYOTA-GAZOO-Racing・ロゴ

WRCを代表するクラシックイベントのひとつであるサファリ・ラリーは、2002年大会を最後にWRCとしては開催されていなかった。しかし、2021年は19年ぶりにWRCのカレンダーに復帰。ケニアの首都ナイロビの北西約100kmに位置する、ナイバシャ湖畔のサービスパークを中心に4日間で18本、合計320.19kmを走行するグラベル(未舗装路)ラリーとして開催された。

 

このラリーに出場経験があるトップ選手はおらず、そのためレッキ(ステージの事前下見走行)では、完全にゼロの状態からペースノートを作ることになり、競技本番ではその精度の高さが非常に重要になった。

 

また、23日(水)に行われたシェイクダウンでは、全長5.4kmのステージでオジエがトップタイムを、エバンスが0.1秒差の2番手タイムを記録した。

 

 

セバスチャン・オジエ、勝田 貴元

 

 

24日(木)に開催されたデイ1は、ナイロビ中心部の「ケニヤッタ国際会議場」でセレモニアルスタートが行われ、その後ナイロビ郊外のカサラニで2台同時スタートの「スーパーSS」がSS1として行われた。ステージ開始時の気温は22度で、路面はドライコンディションとなり、各車もうもうと土煙を上げながら全長4.84kmのグラベルステージを走行。オジエを筆頭に、ロバンペラ、エバンスとヤリスWRCがトップ3を独占し、ラリー初日を終えた。また、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムにより、今回もヤリスWRCで出場の勝田貴元は、総合6位につけた。

 

競技2日目、25日(金)のデイ2はサービスパークの南側で3本のステージを、サービスを挟んで各2回走行。SS2〜SS7の6本のステージの合計距離は129.78km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は385.64kmとなった。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、オジエが総合4位。デイ1総合2位のロバンペラと、同じく総合3位のエバンスは、共にデイリタイアとなった。また、勝田貴元は、首位と18.8秒差の総合2位でデイ2を走破した。

 

 

セバスチャン・オジエ

33号車(エルフィン・エバンス、スコット・マーティン)

 

 

競技3日目となる26日(土)のデイ3は、サービスパークの北側にあるエルメンテイタ湖の周辺で、3本のステージを日中のサービスを挟んで各2回走行。SS8〜SS13の6本のステージの合計距離は132.08kmと4日間で最長で、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は387.88kmとなった。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、オジエが、総合3位。前日のデイリタイアを経て再出走したロバンペラは総合7位で、エバンスは総合12位でラリー最長の1日を走破した。また、勝田貴元は、総合2位の座を守った。

 

競技最終日となる27日(日)デイ4は、ナイバシャ湖の周辺で、SS14〜SS18の5本のステージを日中のサービスなく走行した。5本のステージの合計距離は53.49kmと4日間で最短。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は238.57kmとなった。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、オジエが優勝。今シーズン4勝目を飾り、ドライバー選手権首位の座を守った。また、ロバンペラは総合6位、エバンスは総合10位と、前日のデイ3よりも順位を上げ、ポイントを獲得した。なお、勝田貴元は、自己最高位の総合2位でフィニッシュ。WRCで初めて表彰台を獲得した。

 

 

69号車(カッレ・ロバンペラ、ヨンネ・ハルットゥネン)

33号車(エルフィン・エバンス、スコット・マーティン)

 

 

また、チームは、オジエとロバンペラ、エバンスが獲得したポイントにより、マニュファクチャラー選手権首位を守り、2位のライバルに対するリードを59ポイントに拡大した。

 

WRC次戦は、7月15日から18日にかけて、エストニア「ラリー・エストニア」が開催される。2020年、初めてWRCとして開催されたこのイベントは、ハイスピードでスムーズなステージが多く、ジャンプやアップ&ダウンもあるなど全体的にはラリー・フィンランドと似た特徴を持つグラベル(未舗装路)ラリーとなる。

 

 

<<デイ1の結果>>
1 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(トヨタ ヤリス WRC) 3m21.5s
2 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン(トヨタ ヤリス WRC) +0.3s
3 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC) +0.7s
6 勝田 貴元/ダニエル・バリット(トヨタ ヤリス WRC) +5.6s

<<デイ2の結果>>
2 勝田 貴元/ダニエル・バリット(トヨタ ヤリス WRC) +18.8s
4 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(トヨタ ヤリス WRC) 1m49.4s
7 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン(トヨタ ヤリス WRC) +9m30.2s
TBC エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC) +49m12.8s

<<デイ3の結果>>
2 勝田 貴元/ダニエル・バリット(トヨタ ヤリス WRC) +57.4s
3 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(トヨタ ヤリス WRC) 1m15.5s
7 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン(トヨタ ヤリス WRC) +11m04.3s
12 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC) +50m08.2s

<<デイ4の結果>>
1 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(トヨタ ヤリス WRC) 3h18m11.3s
2 勝田 貴元/ダニエル・バリット(トヨタ ヤリス WRC) +21.8s
6 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン(トヨタ ヤリス WRC) +10m53.4s
10 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン(トヨタ ヤリス WRC) +49m22.7s

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。