NEXT MOBILITY

MENU

2020年7月28日【テクノロジー】

TRI-AD、会社組織を変更

NEXT MOBILITY編集部

 

 

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)は、事業をさらに拡大・発展させるため、来年1月、ウーブン・プラネット・ホールディングスおよび、その事業会社であるウーブン・コア、ウーブン・アルファの3社・新体制へ移行する。

 

ウーブン・プラネット・ホールディングスの下、ウーブン・コアは自動運転技術の開発、実装、市場導入を担い、ウーブン・アルファはWoven City(ウーブン・シティ)、Arene(アリーン/※1)、Automated Mapping Platform(AMP/※2)など、既存のトヨタ自動車の事業領域を超えた新たな価値を創造する事業機会を探索し、革新的なプロジェクトを立ち上げ推進する。

TRI-AD・ロゴ

TRI-ADは、自動運転技術の実用化に向けた高品質なソフトウェア提供のため、ミッションとして「世界で最も安全なモビリティを様々なお客様へお届けする」を掲げ、2018年3月に日本橋に設立。以降、トヨタ独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept(※3)」に基づく最新の高度運転支援技術「Teammate(※4)」の開発を主導してきた。

 

今後は、ソフトウェア開発能力を効率的かつ効果的に強化し、自動運転、安全技術、モビリティ、Woven Cityを通じて新たな価値を生み出し続けるため、ウーブン・プラネット・ホールディングス グループとして、よりアジャイルな「ソフトウェアファースト」の開発プロセスおよび、Software Defined Architecture(ソフトウェア定義アーキテクチャ)(※5)に注力していく。

 

 

[新体制について]

 

<ウーブン・プラネット・ホールディングス グループ>

 

 

 

・ウーブン・プラネット・ホールディングスは、グループ全体に対する戦略的意思決定、パートナーとの協業拡大、新事業機会の創出および事業会社に対するシェアドサービスの提供を行う。

 

・ウーブン・コアは、トヨタグループの自動運転技術の開発を引き続き担い、自動運転技術の開発、実装、市場導入・普及を通じてさらなる価値の提供を目指す。

 

・ウーブン・アルファは、Woven City、Arene、AMP などの新領域に対する事業拡大の機会を探索し、革新的なプロジェクトを立ち上げ、推進する。

 

 

 

 

[TRI-AD新体制に向けてのコメント]

 

■TRI-AD CEO・ジェームス・カフナー氏

 

トヨタの豊田章男社長が2年前に発表したモビリティカンパニーへの変革のためには、トヨタが持つハードウェアの強みに加えて優れたソフトウェアが必要です。

 

TRI-ADは2018年3月、トヨタ、デンソー、アイシンの共同出資により設立され、トヨタのソフトウェア開発力を結集・強化し、自動運転および高度安全支援の技術開発を進めてきました。この2年間で素晴らしい仲間に恵まれ、戦略的パートナーシップを結び、トヨタグループの力強い支援を受け、大きな成果をあげてきました。これにより、最先端のソフトウェア開発力のさらなる強化を実現しました。

 

TRI-ADは次のステージに進み、比類のない成長、スピード、品質を達成することが未来へ繋がると考えています。新体制の下に私たちの力を合わせ、人、テクノロジー、インフラストラクチャー、経営に必要な要素を備えることにより、ビジョンである「Mobility to Love, Safety to Live」を実現できると確信しています。

 

私たちは全てのステークホルダーおよびパートナーの皆様と切磋琢磨しながら、多くの新しい価値、テクノロジー、製品を迅速に生み出し、トヨタが強みとする規模の力を活用して未来のモビリティを動かすソフトウェアおよびサービスを実現します。

 

 

2021年初頭からの着工が予定されているWoven City(ウーブン・シティ)

2021年初頭からの着工が予定されているWoven City(ウーブン・シティ)

 

 

■トヨタ社長・豊田章男氏

 

「もっと幸せな未来の社会を実現していくための実証実験都市“Woven City”」を年初に発表しました。

 

今回、TRI-ADは新たな3社に生まれ変わり、3社すべてに「Woven」という名前がつけられます。「Woven」は日本語で「織り込まれた」という意味です。新しい町につくられる“編み込まれたように交差する道”から想起した意味もありますが、この言葉にはもう一つ大きな想いが込められています。

 

我々、トヨタ自動車のルーツは織物を編む自動織機の発明にありました。トヨタ自動車をつくった“創業者豊田喜一郎”の父である豊田佐吉の発明です。佐吉は苦労する母親の姿を見て、「母を楽にさせたい」と想い自動織機を発明しました。そして、その息子の喜一郎は「国産車で日本を豊かにしたい」という一心でクルマをつくりました。 我々のルーツには「誰かを喜ばせたい」「誰かに幸せになって欲しい」という想いがあります。

 

未来に向けた実証実験都市に“Woven”と名付けたのも、そうした「他の誰かのために」という想いを、未来をつくっていくこれからも忘れずにいたいと考えたからです。そんな“トヨタが描く未来”を実現する役割を担って、2年前にスタートしたのがTRI-AD でした。そのTRI-ADが、今回、“Woven”の名を冠して、「他の誰かの幸せのために」という思いをさらに強めて、新たなスタートを切ります。

 

“Planet”は“City”を遥かに超えた規模の“惑星”という意味を持ちます。ホールディング会社「Woven Planet Holdings」は、今までよりも、もっと大きな視点で“未来の幸せ”を考えていきます。「Woven CORE」は、そのコアとなる自動運転など、新たなモビリティに必要な技術の実現を担っていきます。“Alpha”には“未知”や“計り知れない”といった意味があると思います。「Woven Alpha」は、Woven City など、もっと先の未来を実現するための研究開発を担っていきます。

 

TRI-AD は“Woven”の名の下に、人々がもっと幸せになれる未来の実現に向けて、さらにアクセルを踏み込める体制に生まれ変わっていきます。Woven Planet、Woven CORE、Woven Alpha、あえてトヨタの名前を外して立ち上がる3社です。しかし、トヨタが本当に大切に紡いできた「誰かの幸せのために」という想いを“Woven”という言葉に載せて引き継ぎ、新たにトヨタの未来を切り拓いていくための会社です。

 

 

Woven Cityプロジェクトの概要を発表するトヨタの豊田章男社長

Woven Cityプロジェクトの概要を発表するトヨタの豊田章男社長

 

 

※1)Arene(アリーン):プログラム可能なクルマづくりを目標として、TRI-ADが開発するオープンなプラットフォーム。クルマの安全性に必要な要素やAPIを包括し、コンセプトから実装までのスピーディな開発を繰り返し行うことができる。また、開発者やOEM企業は高い安全性とセキュリティを維持しながら、ソフトウェアをアジャイルな方法で継続的にアップデートすることが可能になる。

※2)Automated Mapping Platform(AMP):様々な企業から自動運転車両のデータを共有してもらい、高精度の地図を作成、共有するオープンなソフトウェアプラットフォーム。

※3)Mobility Teammate Concept:人とクルマが同じ目的で、ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通った仲間(パートナー)のような関係を築くトヨタ独自の自動運転の考え方 。

※4)Teammate:自動車専用道路における高度運転支援技術。実際の交通状況、ドライバーの状態を元に認知、判断、操作をサポートし、周辺認識、自車位置推定、走行車線・位置選択、速度調整などを行いながら出口までの安全な運転支援を行う。

※5)Software Defined Architecture(ソフトウェア定義アーキテクチャ):アプリケーションサービスのための、ソフトウェアで定義されたアーキテクチャ。これにより、アプリケーションサービス、ソフトウェアの機能拡張が容易になるとともに、時代の進化に応じたハードウェア設計が可能となり、アジリティの高い価値提供を実現する。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。