NEXT MOBILITY

MENU

2019年2月28日【テクノロジー】

TRI-ADと米CARMERA、高精度地図の自動生成実証で合意

NEXT MOBILITY編集部

 

 

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD/*)と米国のCARMERA社(**)の2社は、高精度地図の自動生成に向けた一般道での実証実験を共同で行うことに合意した。

 

TRI-ADは、オープンソフトウェアプラットフォームのAutomated Mapping Platform(AMP)上で、参加企業から得た自動運転車両のデータを共有して高精度の地図を作り、共有する構想を持ち、今回の実証はその第一歩となると云う。

 

 

自動運転では、高精度な地図データ基盤に基づいた信頼性の高い道路情報の提供が不可欠だが、高速道路の地図作成が進む現在において、そのカバー率は全世界の道路ネットワークの1%未満(*1)とも云われ、次のステップとして高速道路以外での地図作成が課題となっている。

 

今回の実証実験で両社は、今後数か月間に渡り、トヨタ市販車に搭載されているカメラを試験車に搭載し、東京の市街地のデータを取得、それを元に高精度地図を自動的に生成する実証を行う。

 

 

車載カメラ使用の高精度地図生成イメージ(TRI-AD HPより)

車載カメラ使用の高精度地図生成イメージ(TRI-AD HPより)

 

 

試験車に搭載するカメラには、一般に販売されている乗用車を使用するため、トヨタがグローバルで車両に搭載しているToyota Safety Sense(*2)のコンポーネントを採用。

 

Toyota Safety Senseからの画像データ等を、CARMERA社のリアルタイムプラットフォームで処理し、高精度地図を生成する。

 

さらに、試験車に市販のドライブレコーダー(*3)を搭載し、その画像データ等も利用することで、Toyota Safety Senseを搭載しないフリート車両からの自動生成もあわせて実証する。

 

 

カメラ撮影した画像データを元にしたCARMERAの対象物検出イメージ

カメラ撮影した画像データを元にしたCARMERAの対象物検出イメージ

 

 

両社は、実証実験で自動生成される地図と、市場に流通する地図を組み合わせにより、より信頼性の高い道路情報の提供ができるとし、また将来的には、世界中の市販車から取得したデータを元に高精度の地図が自動生成され、あらゆる道路における自動運転の実現が期待できるとしている。

 

 

車両カメラの画像を元にしたTRI-AD/CARMERAの地図生成イメージ

車両カメラの画像を元にしたTRI-AD/CARMERAの地図生成イメージ

 

 

この合意に際して、TRI-ADのAutomated Driving分野のVice Presidentのマンダリ・カレシー氏は、以下のように話している。

 

「これまでは信頼性の高い自動運転向け地図の生成には、非常に高価な装備を乗せた少数の専用車両によるデータ取得と、人手を使った生成プロセスが必要であったため長い時間がかかっていました。

 

CARMERAと共に実証する高精度地図の自動生成によって、誰もが使える自動運転の実現に貢献できることを大変嬉しく思います」。

 

 

また、CARMERA社のCEOのRo Gupta氏は、以下のように話している。

 

「CARMERAは、高度な自動運転などの革新技術を世界規模で普及させるため、自動車並みの信頼性を備えた次世代ストリートインテリジェンスをスピーディに低コストで展開するために創業されました。

 

このたびは、TRI-ADと協業し、世界最大級かつ非常にダイナミックな都市環境の1つである東京を皮切りに、柔軟なモジュール方式の当社プラットフォームを投入して高精度地図を構築することになり、大変喜ばしく思います」。

 

 

[TRI-ADについて]

 

TRI-AD(Toyota Research Institute-Advanced Development)は、世界で最も安全な自動運転車を作ること、Toyota Research Institute(TRI)の研究成果とトヨタグループ内の研究・先行開発の連携強化のため、トヨタの自動運転に関わるソフトウェアを先行して開発。

 

自動運転のソフトウェア開発に加え、データハンドリング技術の強化、研究から製品化まで一気通貫のソフトウェア開発の実現も担っている。

 

■TRI-AD:https://www.tri-ad.global/jp/home

 

 

[CARMERA社について]

 

CARMERA社は、自律走行車両向けの大規模高解像度マップに特化したプラットフォーム。顧客の車両から得たデータ活用のほか、業務用車両向けにビジュアルテレマティックスサービスを提供し、現在、路上の移動手段として広く普及している車両の安全性および生産性の向上に取り組んでいる。

 

また、変化の検出や走行に影響する事象をリアルタイムで識別し、世界の大手自動車OEMやモビリティサービス企業の高精度3Dマップを最新状態に保つことに貢献。

 

複数都市と提携し、歩行者密度や工事日程などの予定データを共有し、官民の連携を推進している。

 

■CARMERA:https://www.carmera.com/

 

 

*1:TRI-AD社内の調査に基づく。日本・米国・中国・ドイツの高速道路の高精度地図が既に整備されているとした場合、全世界の道路ネットワークに占める割合は1%未満と想定。

*2:LexusブランドではLexus Safety Systemとして搭載。

*3:デンソー製通信型ドライブレコーダーを搭載

 

 

[問い合わせ先]

 

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社
Public Relations

 

メール:contact@tri-ad.global
HP:https://www.tri-ad.global/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。