NEXT MOBILITY

MENU

2019年4月5日【テクノロジー】

ヤマハ発、石川県でFC電動小型低速車両の公道実証

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ヤマハ発動機は、新しい水素燃料自動車の基準に適合した燃料電池搭載車両のプロトタイプモデル「YG-M FC」による公道実証を、4月18日から、石川県輪島市の新交通システム「WA-MO(ワーモ)」の定期運行ルートを含んだ市街地コースで行う。

 

YG-M FCは、同サイズの電動小型低速車に対して航続距離が長く、燃料充填時間が短い特長から、充電回数や保有台数の低減を図ることができると云う。

ヤマハ発動機・ロゴ

 

 

この取り組みは、燃料電池車と水素ステーションの普及・設置を推進する日本政府の水素基本戦略に沿うもので、また、ヤマハ発動機の長期ビジョン「ART for Human possibility」のひとつの「Transforming Mobility」の推進や、環境計画2050における目標「製品CO250%削減」と「資源利用50%削減」に向けた活動の一環となる。

 

なおYG-M FCは、5月22日から開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出品される予定となっている。

 

 

 

 

[公道実証の主な概要]

 

– 実施場所:石川県輪島市内
(輪島エコカート”WA-MO”の運用ルートの一部を含む約3kmのコースを周回)
– 実施期間:2019年4月18日~4月24日
– 主な検証内容:

① 燃料電池車の航続距離や運用時間
② 導入地域における利用価値や運用者の受容性 など

– 実証協力:輪島商工会議所
– 車両の主な仕様:

①車種別:軽自動車(乗車定員4名)
②寸法・車重:全長337cm x 全幅134cm x 高さ171cm ・車重640kg
③燃料:圧縮水素

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。