NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月10日【テクノロジー】

東洋紡グループ、「第5回 ウェアラブルEXPO」に出展

NEXT MOBILITY編集部

 

 

東洋紡グループは、1月16日(水)から18日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第5回 ウェアラブルEXPO」に出展し、ウェアラブルデバイス用のフィルム状導電素材「COCOMI」を出展する。

東洋紡・ロゴ

「ウェアラブルEXPO」は、最新のウェアラブル端末から、活用ソリューション、AR/VR技術、最新ウェアラブルデバイス開発のための部品・材料まで、ウェアラブルに関する世界最大規模の展示会。年に1回開催され、今回、5回目を迎える。

 

東洋紡グループでは今回、ウェアラブルデバイス用の電極・配線材向けのフィルム状の導電素材「COCOMI」を活用例とともに展示。

 

「COCOMI」は、薄く、伸縮性に優れるため、体の動きに追随できるほか、電極と配線が継ぎ目なく一体化していることから、自然な着心地のウェアラブルデバイスの実現が可能。また配線の電気抵抗値が低いことから、精度の高い生体情報の収集ができると云う。

 

 

さまざまなシーンに対応したスマートテキスタイル製品

さまざまなシーンに対応したスマートテキスタイル製品

 

 

また、「COCOMI」製品の他、主に以下の展示を行う。

 

<主な展示内容>

 

①「COCOMI」を使用した電極、配線パターンのサンプル

 

②ワーキングやホームテキスタイル、カジュアル、スポーツなど、さまざまなシーンに対応するスマートテキスタイル製品。

 

③「COCOMI」を使用した「スマートセンシングウェア」ができるまでの工程や中間材料。「COCOMI」を使用したウェアを着用した説明員が、生体情報をリアルタイムで計測できる様子を実演。

 

 

東洋紡は、文部科学省の「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)拠点」事業の「運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点」(中核拠点:立命館大学)に参画。同技術の一部を提供するとともに、成果の一部を使用している。

 

 

[第5回 ウェアラブルEXPOの概要]

 

– 会期:2019年1月16日(水)~18日(金) 10:00~18:00(18日は17:00迄)

– 会場:東京ビッグサイト (東京都江東区)

– ブースナンバー:W16-16

 

 

[問い合わせ先]

 

東洋紡株式会社 コーポレートコミュニケーション部

電話:06-6348-4210
FAX:06-6348-3443
メール:pr_g@toyobo.jp

 

 

■第5回 ウェアラブルEXPO:https://www.wearable-expo.jp/ja-jp.html?utm_source=google&utm_campaign=WEA&utm_medium=cpc&gclid=EAIaIQobChMIk4eFj8Pi3wIVWnRgCh39wAdgEAAYASAAEgK7ovD_BwE

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。