NEXT MOBILITY

MENU

2019年7月9日【環境/エネルギー】

シャープ、比・タイヤ生産工場に太陽光発電を設置

NEXT MOBILITY編集部

 

 

太陽光発電システムの販売および電気設備工事などのエネルギーソリューション事業を担う、シャープの子会社「シャープエネルギーソリューション」は、フィリピン共和国パンパンガ州にある横浜ゴムのタイヤ生産販売子会社の生産工場「Yokohama Tire Philippines」の屋根に、太陽光発電システムを設置した。

 

設置した太陽光発電システムの出力規模は、約4MW-dc。発電した電気は同工場で利用し、電力購入量を削減する。

同工場では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量の削減や天然資源の保全などを環境方針として掲げており、その一環として本システムが導入された。

 

年間予測発電量は約5,363MWh。これは約2,858tCO2/年の温室効果ガスの排出量削減に相当する。

 

なお、同件は、日本の環境省が実施する「二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業(※)」の採択を受けて実施。プロジェクトは、フィリピン政府と日本政府の協力の下で行われた。

 

 

[太陽光発電システム設置概要]

 

– 設置場所:横浜ゴム タイヤ生産工場(フィリピン共和国パンパンガ州)

 

– 出力規模(モジュール容量):約4MW-dc

 

– 年間予測発電量:約5,363MWh/年

 

– 想定温室効果ガス排出削減量:約2,858tCO2/年(相当)

 

– 設置・運転開始日:2019年7月4日

 

 

※:低炭素技術等を活用し、途上国における温室効果ガス排出量を削減する事業を実施し、測定・報告・検証(MRV)を行う事業。途上国における温室効果ガスの削減とともに、JCMを通じて日本及びパートナー国の温室効果ガスの排出削減目標の達成に資することを目的としている。低炭素技術等の初期投資費用の2分の1を上限として補助を行う。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。