NEXT MOBILITY

MENU

2019年4月16日【テクノロジー】

みんなのタクシー、都内でタクシー配車サービス提供開始

NEXT MOBILITY編集部

みんなのタクシー・ロゴ

みんなのタクシーは4月16日、配車サービス及び決済代行サービスを東京都内(※1)で開始した。

 

みんなのタクシーは、都内タクシー会社5社(グリーンキャブ・国際自動車・寿交通・大和自動車交通・チェッカーキャブ)と、ソニー及びソニーペイメントサービスの合弁企業。タクシー会社5社が保有するタクシー車両は現在、1万台超。都内最大規模となる。

 

 

 

 

タクシー配車サービスには、スマートフォン(iPhone/Android)用の配車アプリ「S.RIDE(※)」が必要。ワンスライドで、東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出せ、乗車事前や車内でのネット決済やQRコード決済により、すぐに降車ができる。

 

なお、アプリ名称の「S.RIDE」は、Simple、Smart、Speedyな乗車体験を提供する新たなタクシー利用体験を象徴していると云う。

 

 

[配車アプリの特徴]

 

<Simple>

 

アプリ起動後、ワンスライドで東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーが呼べる。タクシーの迎車位置を現在地から自動的に最も近い道路に調整するため、自分で設定する手間が不要。

 

待っている間に目的地を設定(※2)すれば、自動的にタクシー設置のタブレットに設定されるため、口頭で目的地も伝える必要がない。迎車車両確定後は、ドライバーと簡単なメッセージのやり取り(※2)も出来る。

 

<Smart>

 

アプリで事前にクレジットカードを登録すれば、ネット決済(※2)が可能に。また、後部座席タブレットに表示されるQRコードをアプリで読み込む独自のQRコード決済「S.RIDE Wallet」にも対応。目的地到着後、キャッシュレスで速やかな降車が可能。

 

<Speedy>

 

東京最大級のタクシーネットワークから、1番近くのタクシーが迎車するため、時間のロスが少なく、目的地までスムーズに移動できる。

 

 

また、みんなのタクシーは、配車サービスの開始に合わせてソニーペイメントサービスと連携し、クレジットカード等を使ったネット決済や対面決済における決済代行サービスを開始。更に、今年度内にAI技術を用いた需給予測サービス等のサービス拡充を予定している。

 

 

※1:2019年4月16日時点でのサービス提供地域は、東京23区、武蔵野市、三鷹市。
※2:配車後の目的地入力機能、メッセージ機能、ネット決済機能は一部車両によっては非対応。

 

 

■S.RIDE(iPhone androidアプリダウンロードへのリンク):https://www.sride.jp/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。