NEXT MOBILITY

MENU

2019年5月13日【テクノロジー】

三菱電機、米国の製造システム監視等開発会社を買収

NEXT MOBILITY編集部

 

 

三菱電機は、製造現場のシステム監視とプロセス制御を行うSCADA(※1)・IoT分析ソフトウエアなどを開発・販売する米国ソフトウエア会社のアイコニックス(ICONICS)の株式を追加取得し、三菱電機グループとして100%子会社化する。

 

なお、取引は米国関係当局からの認可取得を前提として、19年度中に完了する予定だと云う。

 

 

製造業でのIoT化ニーズが高まる中、三菱電機ではエッジコンピューティング領域のソフトウエアプラットフォームの「Edgecross(※2)」に対応した各種ソフトウエア製品群を投入し、e-F@ctory(イーファクトリー/※3)の推進を強化。一方、アイコニックスは、FA・PA/社会インフラ・ビル管理等の幅広い分野向けに、監視制御用ソフトウエア製品を開発、グローバルに販売している。

 

三菱電機は、アイコニックス子会社化により、同社の保有するソフトウエアの開発資産、ノウハウ、及びエンジニアを獲得し、e-F@ctoryを実現する製品の開発力を強化。IoT化などのさまざまなニーズに対応したソフトウエア製品を提供することで、製造現場でのデータ活用による生産性や品質のさらなる向上に貢献していきたいとしている。

 

 

※1:Supervisory Control and Data Acquisitionの略。シーケンサなどFA機器による生産現場などの監視制御やデータ収集を行うソフトウエア。
※2:FAとITを協調させるオープンな日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウエアプラットフォーム。

※3:FA技術とITを活用し、開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減する三菱電機のFA統合ソリューション。

 

 

[アイコニックスの概要]

 

– 社名:ICONICS, Inc.
– 代表者:Russell L. Agrusa
– 所在地:100 Foxborough Boulevard, Foxborough, MA 02035, USA
– 設立:1986年6月
– 事業内容:SCADA製品の開発、販売、サービス
– HP:https://iconics.com/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。