NEXT MOBILITY

MENU

2019年5月13日【経済・社会】

ヤマハ発、アフリカのサッカー国際大会に協賛しボール寄贈

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ヤマハ発動機は、6月21日から7月19日までエジプトで開催されるアフリカ大陸のナンバー1を決めるサッカー大会「TOTAL AFRICA CUP OF NATIONS EGYPT 2019」のオフィシャルサポーターとして協賛する。

 

また、今回の協賛をきっかけとして、アフリカの子供たちのサッカー活動拡大の一助とすべく、1,000個のサッカーボールを、開催国エジプトを含む5カ国に同社特約店を通して寄贈する。

ヤマハ発動機・ロゴ

アフリカサッカー連盟(CAF)が主催するTOTAL AFRICA CUP OF NATIONSは、アフリカ各国のナショナルチームが参加してアフリカ大陸のチャンピオンを決めるおよそ2年に1度選手権大会。

 

ヤマハ発動機は、今後市場拡大が見込まれるアフリカでのブランディングを目的に、今回の取り組みを決定。

 

「REVS AFRICA(レヴズ アフリカ)」をキーワードに今大会へのサポート活動を行い、同社ブランドスローガンの「Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)」 に込めた想いを形にして、アフリカの方々とともに、「わくわく(Rev)」する機会となることを目指すとしている。

 

 

[大会開催概要]

 

– 名称:TOTAL AFRICA CUP OF NATIONS EGYPT 2019
– 期間:2019年6月21日~7月19日
– 出場国数:24カ国
– 主催:アフリカサッカー連盟( Confederation of African Football)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。